1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

せっかくの3連休が大荒れの模様。。

10月6日に発生した台風19号が、「非常に強い」勢力で今週末の3連休(12~14日)に日本列島へ接近する恐れがあると、日本気象協会やウェザーニューズなどが7日に伝えている。

台風は事前に備えができる災害ですが、台風が接近してからでは間に合わない対策もあります。今から出来る準備はしっかり整え、危険から身を守りましょう。

千葉の大停電があってか台風に備えて準備をする人は多い

また台風くるのか…また停電してもいいように準備。

さて、明日は電池を準備する日としよう。ガソリンも入れよう。台風の前にできるだけ備えよう。

台風の準備しなきゃだなぁ 独り暮らしだから念入りに非常食とか水とか電池とかライトとか あと、どんなものがいるんかな❔明日買い出ししとこう❗

台風なぁ………心配ダァ…大雨かな…着替え多めにみて準備しようか

週末の台風さんほんとうに…それてくれると嬉しいんだけどなあ…(;´・ω・)お水とかもしもの時の準備はしておこう

▼家の中でできる台風対策を知っておこう!!

ガラス部分をガムテープなどで補強

台風被害を防ぐために、もっともシンプルな方法は雨戸、あるいはシャッターを使用することです。

もし雨戸やシャッターがない人は、窓の鍵がしっかりと閉まるのか確認しましょう。

外から飛んできたものからの破損を防止するためには、ガムテープを窓ガラスに貼り付けてください。貼り方は、「×」印がおすすめ。

非常用品の確認をしておこう

非常用の水や食料、懐中電灯、ろうそく等の灯りを日頃から袋などにまとめて準備しておく対策がとても重要になります。

非常食は勿論、懐中電灯などの防災グッズも、定期的にチェックをする習慣をつけ、いざという台風の時に直ぐに使えるよう、対策をしておくことがとても大切です。

浴槽やバケツなどに水をためておく

ライフラインが止まった場合、電気やガスは蓄えておけませんが、水はためておけます。

断水に備えて、浴槽やバケツなどに水をためておけば、トイレも使えます。

避難場所や避難経路を確認しておく

家族で緊急の時の連絡手段や方法、集合場所(学校や公民館など自治体が指定する避難場所)や避難経路について話し合って決めておく。

各自治体も台風への備えについて注意喚起を出しています。最新の気象情報はもちろん、自分の地域の防災情報もこまめに確認しておきましょう。

1 2