父が友人の家に遊びに行く、と言うので私は一緒に付いて行きました。
私は小学二年生でした。父の友人と言うのはお寺の住職さんでした。
父達が話している間、退屈になった私は、人気のないお寺の本堂に
入り込みました。天井から綺麗なきらきらした傘のような飾りが
吊るしてあって、私はその飾りを見ていたのですが、いつの間にか
眠り込んでいたらしいのです。夢うつつに何かに引っ張られるのを
感じましたが、眠気に負けて、そのまま眠っていました。

私は父の笑い声で起きました。私がいなくなったので皆と
一緒に探していたら本堂で寝ていたのであきれたそうです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

<閲覧注意>身の毛もよだつ本当にあった長編怖い話まとめ(100)

<閲覧注意>身の毛もよだつ本当にあった長編怖い話をまとめました。

このまとめを見る