1. まとめトップ

芝野虎丸八段、10代初の7大タイトル保持者に・最年少19歳11カ月の獲得

囲碁の第44期名人戦7番勝負の第5局は挑戦者の芝野虎丸八段(19)が張栩(ちょう・う)名人(39)を破り、4勝1敗で名人を奪取、10代初の7大タイトル保持者となった。最年少19歳11カ月の獲得で、2009年に井山裕太4冠(30)が達成した20歳4カ月を10年ぶりに塗り替えた。

更新日: 2019年10月09日

1 お気に入り 507 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

7大タイトル初挑戦だった。プロ入りから最速の5年1カ月で奪取し、許家元八段(21)が昨年の碁聖戦で記録した5年4カ月も上回った。規定によりきょう9日付で九段に昇段、日本棋院によると、最年少、最速での最高段位到達となる。

july701さん

芝野 虎丸(しばの とらまる、1999年(平成11年)11月9日 - )は、日本棋院東京本院所属の囲碁棋士。九段。神奈川県相模原市出身。洪道場出身。兄は同じ囲碁棋士の芝野龍之介。
第26期竜星戦優勝者。入段からリーグ入りの最短記録保持者。名人戦リーグ入り・本因坊戦リーグ入りの史上最年少記録保持者。歴代2位のリーグ入り年少記録保持者。全棋士参加棋戦獲得の最短記録保持者。七大タイトル最年少獲得記録保持者(名人位)。

囲碁 芝野虎丸八段 19歳の最年少で名人に

囲碁の七大タイトルの1つ名人戦で、芝野虎丸八段がタイトルを持つ張栩名人に勝って、19歳で名人になりました。10代のうちに七大タイトルを1つでも獲得したのは芝野八段が初めてで、井山裕太さんが持つ最年少記録を更新しました。
囲碁の第44期名人戦七番勝負は、タイトルを持つ張栩名人(39)に芝野虎丸八段(19)が挑み、ここまで3勝1敗で芝野八段がタイトル獲得まであと1勝に迫っていました。

7日から静岡県熱海市で行われた第5局で、白番の芝野さんは8日午後7時すぎに張さんを投了に追い込んで勝ちを収めて4勝1敗となり、19歳11か月で自身初となる「名人」のタイトルを獲得しました。

10代のうちに七大タイトルを1つでも獲得したのは芝野さんが初めてで、現在四冠の井山裕太さんが平成21年に達成した20歳4か月の最年少記録を更新しました。

また、芝野さんは平成26年9月のプロ入りから5年1か月での七大タイトル獲得となり、許家元八段の5年4か月の記録を更新して史上最短となりました。

対局後、記者から最年少記録達成の心境を問われた芝野さんは静かに考え込みしばらく間を空けたあと、「よく分かりません」とだけ語りました。

敗れた張さんは「苦しいと思う局面は多かった。レベルの高い碁だったと思うし、明らかに僕のほうがミスが多かった。完敗でした」と対局を振り返っていました。

関連まとめ

1