1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ついにSMAP来るか…あの人たちの活動再開報道に様々な声。

絶望的と思っていた…「SMAP」の5人に再集結の噂が!今度こそ期待してもいいのでしょうか。ほかにも「野猿」、「TOKIO」、そして「キンモクセイ」も…みんなを魅了したあのアーティストがまさかの復活!?一人でも多くの人に伝えたくてまとめてみました。

更新日: 2019年10月09日

8 お気に入り 48113 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

まさかの展開になってきました…伝説のアイドル復活が現実味を帯びてきた!?

critical_phyさん

◎まさに時代を創ったアイドル…再結成報道の真実とは?

▶一体どうなるの…全国民待望の「SMAP」復活がありえるかも!

パラリンピックでのSMAP再結成だけでなく、東京五輪一色となる2020年を盛り上げるために、今年の大みそかの『NHK紅白歌合戦』で、SMAPの5人が再集結し、『世界に一つだけの花』を歌う企画も持ち上がっていると、芸能関係者の声として報じている。

来年の東京パラリンピックをサポートする笹川会長が「パラリンピックまでの期限付きでSMAPの再結成を願いたいものだ」と要望した。

草彅は「先のことは分かりませんからね」と言葉少なめ。ただ、「また『SMAP』やるんでしょ?」との太田の質問に、肯定することはなかったものの、否定することもなかった。

爆笑問題:太田さんとのやり取り。これは期待していいのでしょうか。

それぞれの、ソロも嬉しいよ。 でも待ってるからね。 #SMAP再結成 を。

それぞれやり方は違うが、木村さんには事務所に残ったことで、再結成や3人がSMAPの楽曲を歌うことができるように動いてくれたらいい。アルバムソロデビューに合わせて、3人と音楽番組で競演して欲しい。 #SMAP #木村拓哉 #新しい地図

▶熱いおっさんたちがふたたび…元「野猿」メンバーが動き出す!

とんねるずの石橋貴明が9月17日、自身のインスタグラムを更新。20年ほど前、連続で大ヒット曲をリリースし、惜しまれつつも解散してしまった音楽ユニット「野猿」のメインボーカルメンバーの2人とともに、「B Pressure(ビープレッシャー)」を結成することを発表。

B Pressureの1stシングルには、野猿の全楽曲を作曲した後藤次利がプロデューサーを務めた「Freeze」「そこに嘘はない」「接吻しながら世界の涯へ」の3曲とそのインスト音源を収録。

野猿は、石橋と木梨のほかは「みなおか」のスタッフでメンバーが構成され、98年4月から2001年5月まで活動。シングルの全11曲すべてがオリコントップ10入りを果たし、3枚のアルバムも全てトップ5入りとなり、合わせて累計300万枚の売り上げを記録。

とんねるず 『一番偉い人へ』 なぜか、最近よく聞いてる… ノリさんは、ソロデビュー。 タカさんは、『ビープレ』で テルとカンちゃんと 3人で、『野猿再結成』って形で 再デビューする。 生き生きしてて、本当に嬉しいです。

改めて野猿って凄いよね! 素人さんよ!?ダンスもどんどん上手になってたし、ホッシーはバク宙するしテルリンはとんでもない歌唱力だったし…他のメンバーもそれぞれ魅力的だったし♡ 野猿…いいわ…。笑

「持ち歌が3曲しかないので」って言ってるあたりからしてライブで野猿の曲はやらないんだろうけどそれでも彼らに青春を捧げていた側の人間にとっては当時の野猿のメンバーにまた会える、歌声が聴ける、ってだけで発狂ものなんだよ18年も待ってたんだから

▶あの歌声がまた聞きたい…「TOKIO」の音楽活動再開はあるの?

昨年5月、元メンバーでベース担当の山口達也さんが脱退し、TOKIOとして表立った音楽活動は事実上の休止状態にある。城島は「いい時もあれば、悪い時もある。それを乗り越えてきたのがTOKIO。」

しかし!

「音楽プロデューサーの長瀬(智也)の中に絵はあると思う」と、音楽活動に前向きな姿勢であることが明らかになりファンを喜ばせている。

業界内では『山口の復帰が近い証拠』との見方が強まっています。城島も会見でTOKIOの音楽活動に前向きな姿勢を見せ、解散説を否定。これを山口の復帰が近い証拠と受け止める関係者は少なくありません。

こんな声もあります。

私はTOKIOの音楽好きで5人のTOKIOも好きだけど、戻ってこいなんて思ってない人だからな。今でも言うぜ。馬鹿野郎。

▶ハマりまくった人も多い…活動再開した「キンモクセイ」 の新曲が素敵!

1998年に結成された5人組バンド、キンモクセイ。2002年に「二人のアカボシ」でNHK紅白歌合戦に出場した。10年間の活動休止を経て昨年活動を再開。

約8年7カ月ぶりとなる新曲「セレモニー」は今年の夏にレコーディングされたもので、バンドは楽曲について「5人それぞれの時間を経て、まさに『キンモクセイ』と言える一曲になりました」とコメントしている。

チケットがソールドアウトしている10月15日相模原市民会館『キンモクセイ活動再開記念ライブ ちゃんとしたワンマン2019』に続き開催が発表された、10月25日まほろ座MACHIDAでの『キンモクセイ ちゃんとしてないワンマン2019』もチケットのソールドアウト。

1 2