1. まとめトップ

改正される所得税。2020年給料に影響するポイント4つ

来年の税改正が気になります。ポイントは知っておきたい!年末調整は影響もありますよ。参考にしてね!

更新日: 2019年10月09日

4 お気に入り 9314 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pinkswan999さん

◎消費増税がスタート。10%

◎2020年は所得税(控除)も変わります…年末調整に影響します!

給与所得者と個人事業主など他の働き方をする人同士の公平性を目指すため「給与所得控除」「基礎控除」双方を見直す、というのが改正の背景です。

▼「基礎控除」引き上げ

改正前の基礎控除の控除額は38万円であり、所得の多少に関わらず一定額となっています。今回の改正では、基礎控除が一律10万円引き上げられます

基礎控除にも適用要件が設定された上で、基礎控除の額が最大48万円に引き上げられることになりました。

基礎控除に所得要件が設けられ、要件に該当する人は適用できなくなります。それにより、所得金額によっては控除額が減少となる見込みです。

基礎控除額来年から10万引き上げなのね しらんかった

▼年収850万円以上は増税

給与所得控除も改正されます。給与所得控除の控除額は、給与等の収入金額により段階的に設定されています。

控除の要件である「給与等の収入金額」の上限が、現行の「年収1,000万円」から「年収850万円」となります。

来年(2020年)から、年収850万円以上のサラリーマンは増税になります 【事例】年収1000万円独身サラリーマン <2019年>税金 146万円 <2020年>税金 151万円 (青)の基礎控除が少し増えますが、給与所得控除(緑)が減るルール変更があるため 課税所得(赤)が増えるからです #絵で覚える税金 pic.twitter.com/GsYl7nkgDC

10月の消費税増税に加えて、来年1月は所得税も増税されるんだよなー 年収850万もないから該当しないけど。

▼所得税額調整控除の創設

介護や子育て世代の負担が増えないよう、新しく「所得金額調整控除」という控除が創設されることになりました。

•特別障害者に該当する人
•年齢23歳未満の扶養親族がいる人
•特別障害者である同一生計配偶者または扶養親族がいる人

▼公的年金等控除の引き下げ

1 2