1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

Ohyukinaさん

2019年10月、消費税率が8%から10月に引き上げられました。

10月1日より消費税が原則10%に。そんななかで、消費者の負担を減らすべく軽減税率制度が導入された。

今回、導入された軽減税率で酒類を除く飲食料品は税率が8%に据え置かれますが、購入した食品などを持ち帰らずに店内で飲食する場合は10%の税率が適用されます。

その判断はお店側はレジの時点ですればよいとされています。

例えば持って帰りますか?食べてかれますか?と聞いて持っていきますと答えた方は8%、食べていきますと答えた方は10%と処理をするのです。

また、お店によっては店内で食べる場合はレジで一声おかけくださいとポスターや張り紙をしている場合もあります。

実際テイクアウトかイートインかは会計時の意思で決まるので気が変わってイートインしても罰則はないとのこと。

コンビニのイートインで「イートイン脱税」「イートイン脱税チャレンジ」脱税が横行

この軽減税率制度により、イートインコーナーを設けるコンビニエンスストアなどでテイクアウト(消費税8%)で購入したにも関わらず、イートイン(消費税10%)する人が続出している。

このイートイン脱税ですが、意図せずやってしまう可能性ももちろんあると思われます。

イートイン脱税チャレンジとは、持ち帰りを申告し消費税8%で商品を購入しながら、イートインで食事をしても問題ないかを試すことです。

軽減税率制度が発表された際に、このようなことが起きると予想されてはいたものの、「チャレンジ」として流行るのは国税庁としては予想外だったかもしれませんね。

「イートイン脱税」なんていう言葉が出てくるのは何となく分かってた。 でも「イートイン脱税チャレンジ」は笑う。

イートイン脱税とかイートイン脱税チャレンジとかいう言葉まで生まれてんのか笑笑 ほんと今食うか後で食うかで税率変わる今回の軽減税率ガバガバすぎて笑笑

イートイン脱税を告げ口する正義マンの登場

また、イートイン脱税を自発的に取り締まろうとする人が増えるのではないかと予想する声も挙がっており、いわゆる“正義マン”が増えると、「告げ口される店員も対応に困りそうだ」などと心配する声も挙がっています。

イートイン脱税は確かによろしくはないんでしょうが店側も面倒で黙認したり、注意していないことをわざわざ店員に報告することで己の正義感をみたして悦に浸ることもどうかと思いますよね…

店員としても黙認してますとも言いにくいし、脱税行為として注意することも難しいので苦笑いするしかないですね。

友達がパン屋で働いてるんだけど「軽減税率面倒くさいよ〜テイクアウト・イートインも面倒だけど何が面倒って『あの人テイクアウトで買ったのに食べてますけど?』とか言い出す謎の正義マンが現れそうなところが面倒くさいよ〜!」と言ってて「うわ〜絶対現れる〜!控えめに言って地獄〜!」ってなった

増税してからまだ3日しか経ってないのにバイト先で 「あの人持ち帰りにしたのに店内で食べてますよ」 って言ってくる面倒臭い正義マンと会計後に 「やっぱ持ち帰りにするから2%分返金して」 って言ってくるアホ客に会いました。 勘弁してください

ネットでは店員に対し同情の目が向けられ・・・

イートイン脱税に正義マンとかしょーもな 店員が1番困ってるだろマジで

正義マン、店員として言わせてもらうとイートイン脱税してるやつより確実に正義マンのが迷惑だからまじで正義感とかあるなら店員じゃなく、イートイン脱税してる客本人に自分で注意して。

1 2