1. まとめトップ
  2. カラダ

この記事は私がまとめました

tonkatudjさん

気象の変化と体調

昔から、天気と体調には深い関係があることはわかっていました。ただ、現代の生活習慣によって気象病になりやすい体質になったり、

局地的大雨(俗にいうゲリラ豪雨)などの極端な気象現象が目立つようになってきたりすることで、年々気象病の患者数は増加傾向にあると思われます。

「私は“天気痛”と呼んでいますが、国内では約1000万人もの人に症状があると推定されています。ほかにも心臓病や脳卒中、うつなどの精神疾患、喘息、歯周病など、多くの病気が気象の変化により悪化することがわかってきています」

ウェザーニューズ気象病顧問アドバイザー・愛知医科大学客員教授・中部大学教授の佐藤純先生

「私も、数年前に名古屋に台風が来たときにひどく気持ちが悪くなり、自分に気象病があることを自覚しました。台風のときは、病院の救急外来では循環器系等の急患が増えますし、産気づく人も増える。気づいていなくても、自律神経への影響は大きいのです」(佐藤先生)

これ気象病だよね? ・頭の重圧感 ・耳の奥、目の奥、鼻の奥がつーんとなってめっちゃ重い ・標高高いとこにいる感覚 ・ふらつく、めまい、ぼーっとする ・眠い、喉が詰まる感じ、吐き気 ・三半規管が弱い ・飛行機乗ると必ず耳を貫かれるほどの激痛が走る #気象病 #台風19号 わかる方教えて下さい!

気圧下がって、さっきからちゃんと頭痛い 仲間いるかなって調べたら ちゃんとみんな頭痛起こしてる おかし、おかし。 #気象病 #頭痛

気象病の原因は?

気象病の主な原因は気圧の変化で、内耳ないじという器官が関係しています。気圧が変化すると内耳から脳に伝達され、体を順応させようとします。

この内耳が気圧の変化に敏感だと、わずかな変化でも脳に過剰な情報が伝わり、頭痛・めまい・ぜんそく・関節痛・神経痛・鬱うつなど、さまざまな体調不良を引き起こします。

気圧の急降下と急上昇が予想されます。 天気痛や気象病の人は、避難しなければならない時に体調が崩れて動けなくなっていることもありえます。周囲の方のご理解とご助力を、どうぞお願いします。 twitter.com/wni_jp/status/…

Twitterで報告される対策が役に立ちそう

台風近づく今こそ耳マッサージ "気象病は内耳が大きく関係しています。内耳の血流が悪くなって気圧のセンサーや自律神経に影響していることが少なくないのです。『くるくる耳マッサージ』を行って、内耳の血流が良くなると自律神経が整い気象病の予防や改善につながります" weathernews.jp/s/topics/20180… pic.twitter.com/xEzw5swCza

台風もうすぐ上陸するけど、気圧低下に伴って体調悪くなる人たくさんいると思うけど風邪と間違えないように! pic.twitter.com/EQzD7gFjJU

台風19号に備えを 【低気圧の不調に天気痛に内関】 手首の横じわ中央から指3本分ひじ寄りです。 乗り物酔いや自律神経の乱れ、低気圧の体調不調解消にもリラックス効果が役立ちます。 お米や小豆などを絆創膏やサージカルテープなどで左右の内関に貼り付けておくのも良いですよ。 お気をつけて! pic.twitter.com/zRvjEQuisZ

【急激な気温差で体調を崩してませんか?】 急な気温差は体のだるさ、疲れや眠気がとれない等の、 「寒暖差疲労」に注意が必要! 予防には、 ・早寝遅起き ・三首(首・手首・足首)を冷やさない ・胃腸を温める ・湯船につかる ・深呼吸をする 台風も来てるのでちゃんと養生しておきましょう✨ pic.twitter.com/K0BexNXWgc

バズったらなんか貼っとけとばあちゃんの遺言なので。気圧の上下動によって痛みが出るのを「天気痛」、天気により体調不良に陥るのを「 気象病」と呼びます。今回、恐ろしい気圧の急落と急上昇が予想されます。画像参考にして、対策してみてください。 pic.twitter.com/AZVKai8CeV

低気圧による偏頭痛持ちの皆さん、今回の台風でそろそろ体調に来てるかと思うんですけど、小林製薬の『アルピタン』をまだ試していない人は是非飲んでみてください!! 低気圧による頭痛には脳のむくみが関係しているらしく、(薬剤師の人に言われた)これは漢方の力でそのむくみを抑えてくれるよ! pic.twitter.com/g8iQQGR59x

台風接近にともない、喘息、偏頭痛、関節痛などお持ちの方は、明日からしっかり気をつけてください。避難袋に予備薬も忘れずに。 #気象病#喘息#気圧の変化#台風による体調の変化 pic.twitter.com/Hasz2Z130a

記録して自分の症状を把握もしておきたい

佐藤医師は、「天気や気圧の変化と自分の症状がいつ出たのかを記録してみてください」とアドバイスします。

気圧が急に下がるときに頭痛が起きやすいなどの傾向がつかめれば、天気予報から症状が出そうな日を予測して大事な予定はあらかじめ変更しておくなどの心構えができます。

記録にはこちらのアプリが便利そう

#気圧による体調変化 の管理は 「 #頭痛ーる」アプリが便利です! 『雨の日の朝きまって調子が悪い』 『旅行や大事な会議なるべく頭痛がしない日を選びたい』 気圧の変化による #天気痛 が起こりそうな時間帯の確認や #痛み 服薬記録ができる 健康気象アプリ 引用元 zutool.jp #気象病 pic.twitter.com/DFdO0jVCou

☁ 息子氏の機嫌の原因が天気と関係ありそうでしらべてたら気象病なるものを知る。耳が弱いと気圧に機嫌が左右されるみたい。 気になったので頭痛ーるで通勤時体当たりされる回数を記録したところ、これも気圧と関係があるという仮説が生まれてる。ただ、ほかの要素もあるっぽいので断定はしない。 pic.twitter.com/iwSb15FyEn

1 2