1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

猛烈な台風19号が接近

大型で非常に強い台風第19号は、 12日夕方から夜にかけて、非常に強い勢力を保ったまま東海地方または関東地方に上陸し、その後東日本から東北地方を北東へ進む見込みです。

12日から13日にかけて、東日本を中心に、西日本から東北地方の広い範囲で猛烈な風が吹き、海は猛烈なしけとなり、記録的な暴風となるところもあるでしょう。

予約のキャンセルが続出

ホテル業界にいる身としては、台風の影響で旅行や予定を取りやめるのであれば早めに連絡をください…台風の影響と言ってもらえれば、基本的には無償キャンセルします。早めにキャンセルが分かれば、今度は台風で動けなくなった人を取り込む形にシフトできるのです。とにかく連絡ください。

全部のホテルが無償キャンセルしてくれるわけではないと思うけど、少なくとも自分が勤めてきたホテルたちはどこも天災は無償キャンセルだったなって話ですので悪しからず。ただ、お客様が何かしらアクションを起こしてくれれば僕たちには新しいビジネスチャンスが発生するという話。

災害時、多くのホテルでは・・・

一般的にホテル予約のキャンセルについては、3日前~30パーセント/前日50パーセント/当日100%といった具合に、宿泊予定日からの日数に応じたキャンセル料が明示されている。

取材した多くのホテルでかようなケースの場合には請求しない方針というホテルが多数だった。

【台風 宿泊キャンセル料ない?】 yahoo.jp/cAddI2 台風19号が週末には関東から紀伊半島へ接近、上陸の恐れがあると予報されている。台風15号ではホテルのキャンセルが多数発生したというが、大型台風や非常時は、キャンセル料を請求しないホテルも多いという。

基本的に災害は無償キャンセルできる場合が多いです。 早めの連絡、については早ければ助かりますが、お客様としてもご旅行の理由によっては迷う事も多いかと存じます。 一つ言えるのは昨今の台風では大きな被害も珍しくありません。ご自身の安全を最優先にご決定下さい。ホテルよりも御身の安全を。 https://t.co/mHSkk0clgZ

すみやかに連絡を

台風で行けないと分かった時点で速やかにキャンセルの連絡をしましょう。旅行会社経由で手配したものは、旅行会社に確認を。

キャンセル料の発生する期間であっても無料でキャンセルに応じてくれたり、もしくは別の日程に変更することが条件で、今回はキャンセル料を免除にしてくれるなど宿によって対応もまちまちですが、交渉する価値はあります。

Twitterでは様々な声が

@cartonote マジこれです。 なる早で連絡貰えればキャンセル料0〜30%程度。※うちは0%のケースが殆ど。 当日朝とかに連絡来て天災だからタダにしろと言われても辛いっす。

@cartonote この間の台風15号の後の大停電で、千葉県内から出ることも出来ず、予約していた宿泊施設さんに連絡した所、無償キャンセルして頂きました。次こそは泊まりに行きたいと思います。

ホテル、お店、美容院、レストラン、居酒屋などね、 予約してる人は明日の早めに「キャンセルします」の電話やメールをあげてね。 するとお店側が臨時休業しやすくなるらしの。 皆で乗り切ろう。   ターロウトーキー

台風来るたびに言ってるけど週末何かのお店に予約してるみんなたちー!!絶対今のうちにキャンセルの電話してくれー!!飲食店でも病院でも美容院でも全部!!連絡つかないとお店閉められないんだよー!!そしてキャンセルが増えていけば閉店の判断もしやすくなるんだよー!!お願いだよー!!‍♀️‍♀️‍♀️

飛行機のキャンセルも早めに

国内線については、ANA(全日本空輸)とJAL(日本航空)は台風接近に備え、すでに運航の有無にかかわらず、無料での予約変更及び払い戻し手数料なしでのキャンセル手続きを開始している。

もちろん運航される便では、そのまま搭乗することも可能であるが、運航の有無に関わらず台風時の航空券特別対応の対象となる。

1 2