1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

何気ない日常を優しく繊細に描いた心温まる小説

どの小説も大きな事件や衝撃的なことが起こるわけではなく日常を淡々と描いています。しかし、その何気ない日常を優しく繊細に描いた心温まる小説ばかりです。忙しない日々を過ごしている方にお勧めの小説です。

更新日: 2019年10月11日

8 お気に入り 1616 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

どの小説も大きな事件や衝撃的なことが起こるわけではなく日常を淡々と描いています。しかし、その何気ない日常を優しく繊細に描いた心温まる小説ばかりです。忙しない日々を過ごしている方にお勧めの小説です。

hanako711さん

ことり 小川洋子

人間の言葉は話せないけれど、小鳥のさえずりを理解する兄と、兄の言葉を唯一わかる弟。二人は支えあってひっそりと生きていく。

やがて兄は亡くなり、弟は「小鳥の小父さん」と人々に呼ばれて…。慎み深い兄弟の一生を描く、優しく切ない、著者の会心作。

西の魔女が死んだ 梨木香歩

どうしても学校へ足が向かなくなった少女まいは、季節が初夏へと移り変るひと月あまりを、西の魔女のもとで過した。

魔女修行の肝心かなめは、何でも自分で決める、ということだった。喜びも希望も、もちろん幸せも…。

ハルさん 藤野恵美

結婚式の日、ハルさんは思い出す、娘の成長を柔らかく彩った五つの謎を。

心底困り果てたハルさんのためにいつも謎を解き明かしてくれるのは、天国にいる奥さんの瑠璃子さんだった―

夏の庭―The Friends 湯本香樹実

町外れに暮らすひとりの老人をぼくらは「観察」し始めた。生ける屍のような老人が死ぬ瞬間をこの目で見るために。

いつしか少年たちの「観察」は、老人との深い交流へと姿を変え始めていたのだが……。

博士が愛した数式 小川洋子

やがて私の10歳の息子が加わり、ぎこちない日々は驚きと歓びに満ちたものに変わった。

1