1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『マチネの終わりに』も!11月公開のおすすめ「小説実写化映画」

2019年11月公開のおすすめ「小説実写化映画」6作品。『閉鎖病棟 それぞれの朝』、『マチネの終わりに』、『影踏み』、『小さい魔女とワルプルギスの夜』、『ベル・カント とらわれのアリア』、『ドクター・スリープ』。

更新日: 2019年11月03日

5 お気に入り 7782 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『マチネの終わりに』(11月1日公開)

「マチネの終わりに」完成披露試写会に行きました。捧げる愛、受ける愛、奪う愛‥愛とは何だろう‥運命って何だろうと考えさせられました。後半涙が止まらなかった。男性にも観て欲しい、究極の大人のラブストーリー。 #マチネの終わりに #BROS1991 pic.twitter.com/HmQstXepBK

『マチネの終わりに』完成披露試写会。 原作を読んでから観ました。 すごく良かった。想像以上でした。音楽も映像も、深まりゆく秋にぴったりの映画だと思います。 ありがとうございました #マチネの終わりに #完成披露試写会 #bros1991 pic.twitter.com/kpd5xByO6L

『マチネの終わりに』試写。日本映画で大人のラブストーリーをあまり見てこなかったので新鮮でとても良かった。音楽がモチーフの映画はいつも好きだが、原作(未読)を表現するのは難しかっただろうなと思いつつ、印象的な演出が多くて見入った。福山雅治さん&石田ゆり子さん、そして桜井ユキさんが→

◆『閉鎖病棟 それぞれの朝』(11月1日公開)

『閉鎖病棟 ―それぞれの朝―』を試写会で鑑賞❗ 精神科病院が舞台の、それぞれ複雑な状況を抱えた患者達の交流と、そんな中で起きた衝撃的な事件の物語。 世の中いろいろあるけど、頑張って生きていこうと思わせる作品でした。 #笑福亭鶴瓶 #綾野剛 #小松菜奈 pic.twitter.com/EfPAHU7bgm

閉鎖病棟 試写会 重度精神病な人たちが収容されている病棟での人間模様を描いている。 序盤、綾野剛なんで収容されてるのレベルで普通なんだけど、原因が判明する場面での演技で震えてしまった。 自らの経験で重度精神病患者を見てきてるけどリアルだった。 鶴瓶さんも凄い。報知映画賞を獲ると思う。 pic.twitter.com/7uPPsDroxU

特選試写会「閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー」観てきました。 人には、大なり小なりトラウマや闇がある物だけど衝撃的な映画でした。 鶴瓶さんと綾野剛さんの演技が凄かったです!! とにかくじわじわきて気付いたら泣いてました。 とても、良かったです。 11月1日公開おススメです♪ #閉鎖病棟 pic.twitter.com/IMnfsniAxO

◆『影踏み』(11月15日公開)

原作を読んでから、試写会行ってきました。 どのように映像化するのか想像できなかったのですが、原作の世界観を生かして、映画ならではの良さも加わり、素敵な作品になっていると... https://t.co/Qr7FWsRA9X #影踏み pic.twitter.com/EOOqiiBlOI

映画『影踏み』完成披露試写会行きました。影に捕らわれた様々な人の人間模様。山崎まさよしの押さえた演技も良かった。北村匠海が難しい役柄を上手く演じていました。大竹しのぶの母性と狂気は見事。でも一度観ただけではまだまだ見逃していそう。 #影踏み

中野の試写会に行きました。原作の世界観を壊さずに、心理描写が描かれており、私はミステリーの部分よりもヒューマンドラマの部分に感動しました。 主演の山崎まさよしさんの存在... https://t.co/zH1ozWGjzm #影踏み pic.twitter.com/L364ZVqtre

◆『小さい魔女とワルプルギスの夜』(11月15日公開)

『小さい魔女とワルプルギスの夜』試写。ドイツの児童文学を映画化。冒頭シーンからその可愛さに引き込まれる。ヨーロッパの森や魔女の家など、絵本を開いたような世界観が美しい。人を幸せにする優しい魔女の物語にも癒される。女子力が高く、小さい子も喜びそうなファンタジー。

「小さい魔女とワルプルギスの夜」、この秋の新作として、注目している1本です。 無邪気で、そそっかしいと言う魔女の予告、とてもかわいいですよね。 また、屋外シーンは、ドイツ、ハルツ地方で撮影されているようです。 11月の公開、楽しみです。 #映画好きと繋がりたい littlewitch-movie.jp

映画館の予告で見たコレ、お供のカラスが山ちゃんボイスで喋るっていうだけでもはや観に行きたい 映画『小さい魔女とワルプルギスの夜』11/15(金)公開/本予告80秒 youtu.be/j3vXJ14StYw

◆『ベル・カント とらわれのアリア』(11月15日公開)

【マスコミ試写「ベル・カント とらわれのアリア」鑑賞】◆テロリストと人質の心の交流を描いたベストセラー小説『ベル・カント』をジュリアン・ムーア、渡辺謙 ら日米の豪華俳優陣の共演で映画化。/衝撃のクライマックスに涙が止まらない。通訳役を演じた 加瀬亮さんの助演にも大注目〆◆11.15公開◆ pic.twitter.com/yCi2MMLTV1

『ベル・カント とらわれのアリア』試写。96年の在ペルー日本大使公邸占拠事件に着想を得た豪華キャストのドラマ。人質とゲリラが共に過ごすうちに様々な感動を共有し、同じ人間として尊重し合う気持ちが自然に芽生えていく。平和とはそういうもの。暴力や武力は希望を生まないことを考えさせる作品。

今映画館で予告やってる映画の中で気になった映画。渡辺謙、ジュリアン・ムーア、加瀬亮共演のアメリカ映画。南米の副大統領邸でのテロ事件における人質とテロリスト、ソプラノ歌手との心の交流を描いた映画、『ベル・カント とらわれのアリア』 eiga.com/l/3VfJ4

1 2