1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

命に関わる…台風通過前後に「車の運転」で注意すべきこと

乗るべきではありませんが、どうしても車を運転しなければならない時に注意すべきことについてご紹介します。

更新日: 2019年10月12日

16 お気に入り 25214 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

専門家の意見を参考に作成しました。

PINKMOMOさん

■台風が本日関東地方を通過する

台風が最も近づく12日(土)夕方から深夜が雨のピークで、東京都心など首都圏では局地的に1時間に80mmを超えるような猛烈な雨に

台風は暴風域が非常に大きく、広範囲で大雨や暴風、高波などに厳重な警戒が必要となります

■そんな時に注意したいのが車の運転

台風が接近すると、普段より強い雨風にさらされることになることから、クルマの運転時にも注意が必要

JAFでは、超大型に発達した台風10号接近の予報を受け、強風や大雨時の運転は控えるよう呼びかけています。

雨や雪だけでなく、強風にも予備知識と十分な注意が必要です。風に弱いクルマや、特に注意すべき場所、台風への対策、風災にまつわるトラブルをご紹介

■まず注意したいのが「パンク」

2019年9月4日から9月6日にかけての大阪府での救援要請のうち、タイヤのパンクは782件を記録。これは前年同期件数(252件)と比べ3倍以上

「原因として考えられるのは、台風の強風で飛ばされた瓦礫が道路上に散乱し、その上をクルマが走行したこと

台風が過ぎ去ったから油断せず、自動車で出かけられる際は走行する道路の状況をご確認ください

■ツイッター上にもパンクの報告が多数寄せられている

既に起床して、この台風の中買い物に出かけてたら車がパンクして、車の中でロードサービス待ちなう。 ついてないなぁ…(⌒-⌒; )

台風で車避難させようとしたらタイヤパンクして駐車場代以上の出費で車屋に車を避難させたの本当アホすぎて泣ける

台風の後走りたくないな〜 釘とかガラス片とか落ちてるんだろうな〜 新品のタイヤパンクさせにくるんだろうな〜

■飛散物によって「ガラスの破損」も多くなる

車両のガラスの破損も増加したといいます。強風でさまざまな破片が飛ぶと予想されることから、車両自体を守るためにもできる限り外出は避けるのが賢明

走行中にガラスが割れると交通事故だけでなく大怪我のおそれもあり大変危険です。

台風対策で忘れがちなこと。 住宅の窓ガラスのほか、車の窓ガラスにも養生することをオススメします。 台風15号の時も飛来物で割れた事例がありました。サイド&リアガラスへ養生を! #台風19号 #窓ガラス pic.twitter.com/Iz4EPLtHN3

うちの父親から「去年の台風で車の窓ガラスが割れた。避難勧告が出たら早めに避難するように(要約)」と連絡が… マジか… 父親の車、窓ガラス割れてたんか…

■冠水している車のエンジンは回さない

冠水した車両は、電気系統(エンジン・ヘッドライトなど)の漏電で火災が発生する可能性があります。冠水した車両の取り扱いは注意

万が一車両が浸水した場合は、いきなりエンジンをかけないことや、エンジンが水没しているようなら火災防止のためにバッテリーのマイナス側のターミナルを外す

1 2