1. まとめトップ
  2. カラダ

この記事は私がまとめました

COCO太郎さん

全国で体調不良の人が続出…

頭痛吐き気眠気目眩立ちくらみこんな酷いの初めてだ立つ度ぶっ倒れそうになるというかぶっ倒れた、台風恐るべし。あと何もやる気が起きない。

昨日から視覚と聴覚が過敏になって、数時間前から頭痛も出てきたんだけど、もしかしてこれ、台風による気圧変動の影響か? 片頭痛っぽい脈動性はあまりないけど、緊張型頭痛っぽい締め付けるような感じがじわじわ来てる。

ほんとに頭痛い、台風とかどうでもいいからこの頭痛どうにかして。(台風が原因)

な、なんと…台風が原因!?

「今日は頭が痛いと思ったら、やっぱり低気圧が近づいているみたい」など、体調不良で天気をピタリと当ててしまう人は、皆さんの周辺にもいませんか?

台風が近づくと、頭が重くなる、ズキンズキンと痛み出す、頭が締め付けられるように痛むといった症状は「台風頭痛」かもしれません。

気象病として最も多くの人が挙げる症状が頭痛。

ほかにも、首の痛み、めまい、耳鳴り、気管支ぜんそく、関節痛、神経痛、古傷の痛み、鬱(うつ)や不安症なども気象病の症状のひとつです。

原因は?

台風頭痛を引き起こすメカニズムは2通り考えられるといいます。

ひとつは耳の奥(内耳の前庭)に気圧センサーがあり、気圧が下がると自律神経にストレス反応が起きて交感神経が優位になる

すると頭部や首の血管が収縮して、頭が締め付けられるような緊張型頭痛を起こす

もうひとつのメカニズムは、気圧を下げると三叉(さんさ)神経の興奮が起こる

三叉神経は人間にもあり、顔の感覚(熱い・冷たい・痛いなど)を脳に伝える働きをしています。三叉神経の興奮が脳の血管を拡張させて偏頭痛を引き起こす可能性が考えられます

頭痛を軽減する方法

台風頭痛の対策はいくつかあり、いずれも接近する前に行えば頭痛をやわらげることができます。もっとも手軽にできるのが、佐藤先生が考案した「耳を温めるマッサージ」と「くる

1.耳の周りを温める

気圧センサーがある耳を指で刺激したり、ホットタオルやペットボトルで耳を温めることで、耳の血流をよくして乱れた自律神経を整える効果があります。

下の(1)~(4)のマッサージを1日3回、痛みの出ない程度の力で行ってみてください。

 (1)耳を上下横に5秒ずつ引っ張る

 (2)耳の横の部分をつまみ、軽く引っ張りながら後ろに向かって5回ゆっくり回す

 (3)耳の下に親指を当て、上に人差し指を当てて上下に折り曲げる。この状態で5秒キープする

 (4)耳全体を手で覆い、後ろに向かって円を描くようにゆっくり5回回す

1 2