1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

災害後はボランティアが殺到する。。

台風、豪雨等による風水害や地震、津波等の災害が発生した際、被災地では災害ボランティアによる支援活動が大きな力を発揮し、被災地に欠かせない重要な支援になっています。

台風の影響で被害が出ている地域の方々、頑張ってください!! なかなかボランティアなどには参加出来ませんが、募金など出来る限りのことはさせて頂きます。一緒に乗り越えましょう!!! #台風 #台風19

避難所のボランティアの方々には頭が上がらない思いでいっぱい とはいえ、もう台風の被害はひどくなることは無さそうなので帰りたい

オリンピックのボランティアするより台風のボランティアやろう

まず始めるのは正確な情報の収集

災害が発生したら、すぐにでも被災地へ駆け付けたいという思いがあるかもしれませんが、行く前に被災地の状況を確認することが重要です。

「とりあえず現地へ行こう」と行ってみても、現地ではボランティアの受入れ体制が整っていない場合があります。力を発揮できないばかりか災害復旧作業の妨げになることもあります。

求められるニーズは、災害や被災地によって異なりますので、ボランティア活動を支援・推進している全国社会福祉協議会などのSNSやウェブサイトで最新の情報を必ず確認してください。

① 軽装では絶対に行かないコト!

災害ボランティアに求められる活動は、床下の泥出しや濡れた家財の搬出などの片付け作業です。

長袖、長ズボン、安全靴、帽子またはヘルメットを着用しましょう。

② 食事・宿泊は自分で確保する

被災地の災害ボランティアセンターでは、食事・宿泊は用意されていません。自分で確保したうえで現地に向かいましょう。

熱中症対策として、水、お茶、クーラーボックス等もお忘れなく。避難所は、被災した人が利用する施設であり、ボランティアに食事や宿泊場所を提供するところではありません。

③ ボランティア保険の加入

ボランティア活動中に事故にあうことに備えた保険に加入すること。保険加入には社会福祉協議会への登録が必要となりますので、お住まいの地域の社会福祉協議会に確認してください。

出発の前日までに加入手続きをすませ、被災地に向かう際には証明書を持参してください。お住まいの地域で加入することで、自宅と活動場所までの往復の道のりも補償の対象となります。

④ 体調が悪ければ、参加を中止することが肝心

被災地での活動は、危険がともなうことや重労働となる場合があります。安全や健康についてボランティアが自分自身で管理することを理解したうえで参加してください。

⑤ 単独行動は絶対にしてはダメ!

1 2