1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

アンジー『マレフィセント2』も!今週末公開の「おすすめ映画」

2019年10月第3週末公開の「おすすめ映画」6作品。『マレフィセント2』、『楽園』、『フッド ザ・ビギニング』、『ガリーボーイ』、『アダムズ・アップル』、『解放区』。

更新日: 2019年10月27日

5 お気に入り 6154 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『マレフィセント2』(10月18日公開)

『#マレフィセント2 』JP試写会 前作よりも正と悪のコントラストがはっきりして内容も深みも増していた。 無邪気なエル・ファニングの姿が時を経て大人に、アンジェリーナ・ジョリーの母の愛も強く、前作から物語の流れがあるので復習もあり 特にミシェル・ファイファーは本当にいい表情をしていた。 pic.twitter.com/8uWKLJvF9K

【マスコミ試写「マレフィセント2」鑑賞】◆アンジェリーナ・ジョリー主演。前作の数年後を舞台にオーロラ姫の婚礼の日にかけられた 新たなる呪い をめぐりマレフィセントの究極の愛が試される。/今回はダークな魅力満載で最高!MIYAVIさんの彼ならではの役柄での出演にも注目〆◆10.18日米同時公開◆ pic.twitter.com/NA0wxzM921

ご招待いただきまして『マレフィセント2』の試写に行ってまいりました!もうね、好き!マレ様..麗しい..! 映像美!書き切れない!ので!もう一度観に...10/18より公開です!皆様も是非! テンション上がって普段撮らない写真撮った! #マレフィセント2 #ツイステ #ディズニー #twistedwonderland pic.twitter.com/PjbWr0NCVb

◆『楽園』(10月18日公開)

『楽園』試写にて 山村で起こった少女失踪事件をきっかけに日常が壊れていく人々を描くヒューマンドラマ。瀬々敬久監督の裏ベスト『ヘヴンズ ストーリー』系統。狂った歯車に翻弄された人々を観るのは胸が痛む。しかし、タイトルの意味に気づくと……!今年随一のワンコ名演映画でもある。 #映画楽園 pic.twitter.com/KmDSBPQIci

まだ心がくるしい…。 全てに圧倒された。 映画の構成も音楽も演者にも。 赤い雪も見終わったあとしばらく動けなかったけど、楽園はそれ以上だった。 今もう一回見たい。 レポはこの気持ちが落ち着いたらあげます。 pic.twitter.com/G5rZNPjMSK

10/18公開「楽園」という映画の試写会に行って来ました。 実際の事件を元に作られているのでもちろん事件に関係している人達のそれぞれの気持ちに心がクタクタになる映画ですがそれ以上に人間の残酷な部分とか考えさせられる映画でした。 pic.twitter.com/OW4jMIir1f

◆『フッド ザ・ビギニング』(10月18日公開)

#フッド感想 #イオンシネマ市川妙典 10/8にフッド ザ・ビギニングの試写会に行かせて頂きました!!まず、タロン様のアクションが超かっこよくて、ジェイミー・フォックス演じる相棒のジョンとのコンボも最高!!あと、主題歌めちゃくちゃかっこいいのでぜひ公開前に聞いておくんだ!!! pic.twitter.com/rcSVMk7vzT

『#フッド:ザ・ビギニング』を@FansVoiceJP試写会鑑賞。ディカプリオがプロデューサー、注目俳優タロン・エガートンが主演と話題豊富。以前は敵同士だが、早打ちを教え師弟関係に変わる、ロビンとジョンの友情が熱い。シューティングアクションが優雅で野性的であり、多彩な弓技に翻弄されてしまう。 pic.twitter.com/DPbr7Jwp2I

試写会で『フッド:ザ・ビギニング』観た!『キングスマン』の時とはまあ一味違うアクションでワクワクしたな〜!今までの所謂〝カッコイイ〟ロビン・フッドとは少し異なる、等身大の青年フッドという感じで新鮮だった✨ #フッド感想 #イオンシネマ市川妙典

◆『ガリーボーイ』(10月18日公開)

#ガリーボーイ 急遽空いてたので試写会! 実在ラッパーを基にしたサクセスストーリー。 それだけじゃなく、友達や家族、恋人との話が盛り込まれて最後はやっぱり泣けた。 さすがインド映画。 pic.twitter.com/wwbMmmbRc0

【ガリーボーイ】試写会に行きました。格差社会に鬱屈としていたところヒップホップで爆発させる主人公はもちろんのこと、脇の人たちもいちいち魅力的だったりセクシーだったりして、(特に、なつかしのヴィジャイ・ラーズ…)グッときました。音のいい映画館でまた観たい! hindustantimes.com/bollywood/not-…

10/18公開『ガリーボーイ』試写感想。ラッパーの青年の青春を描く、インド映画版『8 Mile』。恋や友情もあるサクセスストーリーとして真っ当で、インドのお国柄もしっかり描かれている。超かっけえ楽曲が満載でサントラが欲しくなる。ヒロインが勝気を通り越して暴力的なのがすげえ。面白いですよ! pic.twitter.com/2GsKsAqDir

◆『解放区』(10月18日公開)

太田信吾監督『解放区』試写へ行ってきたよ。 「5年間封印されていた」という問題作、僕なんぞが語っていいかわからぬが、 傑作。 たしかに強烈だが嫌な感じはしなかった。 とにかくドキドキした、それだけで映画として最高じゃないか。 pic.twitter.com/K2o2TqkUed

試写観た。どこからやってくるのかもわからないような緊迫感に包まれ、最後まで食い入るように見入った。ラストシーンに嫌悪感を抱く人は多そうだけど、それも含めてたいへんな傑作と言わざるを得ない。太田信吾監督作品。10月18日公開。/映画『解放区』公式サイト bit.ly/2NSXlIW

太田信吾監督の『解放区』試写会お邪魔してきました! 引き込まれました。 え、どこまで行くの? もっと奥まで? ホントに? 手を引かれ、ドキドキしながら細い細い路地へ誘われ、見知らぬ町で迷子になる感覚。 登場人物が小ズルく可愛らしく、同時に傲慢。人間臭い。  10月18日公開!是非劇場で~❗ twitter.com/kaihoukufilm/s…

1 2