1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

平気に見えても…家電や車などを台風の水没から復旧する時の注意点

2019年の #台風19号 の被災地で注意したい、復旧する際の注意点です。家電や室外機、車の水没や停電など様々な二次被害を回避するために留意してください。浸水した家屋はカビにも注意です。

更新日: 2019年10月13日

29 お気に入り 18093 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

復旧作業への様々な注意が呼びかけられていました。

nyokikeさん

▼東日本に被害をもたらした台風19号からの復旧が始まっている

3歳のパンダ「結浜」は健康管理のため現在バックヤードで過ごしています。たくさん竹を準備して結浜が食事に集中できるようサポートしています。結浜は美味しい竹をしっかり食べてこの様子…!万全の体調で皆様にお会いできるよう、もうしばらく温かく見守っていてください。 #アドベンチャーワールド pic.twitter.com/wpXbDduT99

10月13日(日) 台風19号の影響により、園内全域が冠水しているため 当面の間、休園とさせていただきます。 休園に伴い、3ヵ所のゲートは全て閉門となります。 復旧作業に全力を尽くしますので、ご了承お願い申し上げます。 #秋ヶ瀬公園 pic.twitter.com/MHzgx0Bkha

高尾山口駅なう… 高尾山登ってきた方のお話だと、6号路迂回コースは問題なし、1号路は杉の倒木、4号路は何とか通れるレベルとのこと… 駅前は泥だらけで復旧作業中です。 pic.twitter.com/suCD90bq5E

ベランダの復旧作業中... スミレが頑張れと応援してくれている。 pic.twitter.com/V0LepdY7ak

▼あぁぁ…家電がダメになったという報告も続々と寄せられています

@SHARP_JP シャープさんの冷蔵庫、洗濯機、レンジ、空気清浄機もろもろが全部ダメになっちゃいましたきついです pic.twitter.com/4WqmlOs5Y7

@SHARP_JP 会社のSHARPさんの冷蔵庫が 悲しい結果になりました 元気に動いてたのに pic.twitter.com/Dn4voKi2Dv

・SHARPの公式アカウントが感電の危険性を訴えていました

【ご注意】水害によって冠水した家電はそのままでは使用しないでください。漏電の危険性があります。また一見乾燥しているように見えても、内部が乾燥していなかったり、泥が残っていたりすると発煙や発火の恐れがあります。 jp.sharp/support/info_d…

【ご注意】水没浸水したソーラーパネルおよびパワーコンディショナは感電の恐れがあるので絶対に接近したり接触しないでください。またがれきの中にあるソーラーパネルも発電している可能性があるので、素手で触らないでください。 jpea.gr.jp/pdf/t180710_1.… pic.twitter.com/U7rhey20q4

▼空調の室外機を地面置きして浸水した家庭も漏電に注意

空調屋のフォロワーさんより 『空調の室外機を地面置きにされているご家庭で床下浸水可能性がある場合空調の差し込みをコンセントから抜いて下さい。そうしないと漏電や基盤損傷等に可能性が あります。水が 引いたあと直ぐには使用せず 一週間位経過してから使用して下さい。』だそうです。

@yashi09 追伸 室外機が水没し 再使用する時は 電気店で絶縁測定を依頼されるのが ベストです。

@ohmiyakyonkyon @yashi09 それで良いです。(やしろさんにツイートをお願いした本人です)

▼停電からの復旧時に気をつけたい漏電しないための用心

■ご注意ください■ 停電復旧時、通電による家電製品等の漏電や火災、事故の恐れがあるため、ブレーカーのつまみを下げ、アイロンやドライヤー等の電熱機器、ハンドミキサー等の回転機器のプラグをコンセントから抜いてください。 停電復旧後はブレーカーを入れた後に機器プラグを差し込んでください。 pic.twitter.com/VhHVjyQTEZ

停電が発生したら、まずはブレーカーを全て落とそう。 家電コンセントの抜くのを忘れずに。 復旧したら、画像内①⇒②⇒③の順でブレーカー復旧。 ①②③全てがOKならコンセントを差します。 落ちれば漏電してる可能性があるので、ブレーカー全部落として電力会社へ連絡しましょう。 #台風 #停電対策 pic.twitter.com/O3sKNVSMSM

電気工事士の資格持ってて現場出てる人からのお願い 停電が起きた場合は必ずブレーカーを落として下さい!(offにしてください) 電気が復旧した時に家電製品への過電流による機械の故障や火災につながる恐れがあります。 また、漏電(ショート)して火事になることも十分あり得ますのでお気をつけて!

停電した人は、焦らずに、ブレーカーの大元をoffって突入電流による出火とかショートに備えるのよ? 停電情報や周りの家見て。 最近のは、一度落ちてもオートで復旧するのがある。 電力会社が頑張って直ぐに再送電してくると、落ちたり通電したりを繰り返して、家電とかPC死にやすくなるから注意ぢゃ! pic.twitter.com/eeGqbO3gon

▼車が水没した方へ…こんな注意喚起がありました

冠水・浸水してしまった車は、外見上問題がなさそうでも、エンジンのウォーターハンマーや電気系統のショートによる出火や爆発など車両火災の危険があります。国土交通省で以下のような注意を呼びかけています。

水がひいても自分でエンジンをかけない
車両の措置については、速やかにJAFや自動車保険のロードサービス、自動車販売店、整備工場などに連絡してください。
特にハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)は高電圧のバッテリーを搭載していますので、むやみに触らないでください。
なお、使用するまでの間、発火するおそれがあるので、バッテリーのマイナス側のターミナルを外し、外したターミナルがバッテリーと接触しないようにテープなどで覆うなどしてください。

冠水路を自力で抜けられた車も、すみやかに修理・整備工場へ持ち込んで点検しなければなりません。破損の状況が軽ければ修理し、乗り続けることができますが、汚損や破損が酷い場合、中古査定で値段が付けば売却、付かなければ廃車ということになるでしょう。加入している車両保険の条件で修理、全損など、扱いを相談しながら判断することになります。

▼浸水した家屋などはカビに注意…しっかり乾燥・換気してください

【日中はおうちの換気を】台風19号による雨漏りや浸水で「カビ」が発生しやすくなっています。明日からまた雨の予報です。本日は窓などを大きく開けて換気をしてください。扇風機などを使うのもおススメです

1 2