1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

八ッ場ダムに信玄堤…台風の被害を抑えた「先人の治水への知恵」

2019年10月12日から13日に東日本に堤防決壊などの被害をもたらした #台風19号 ですが、洪水対策の #ダム や遊水地に注目が集まっていました。 #八ッ場ダム (やんばだむ) #信玄堤 (しんげんづつみ) #首都圏外郭放水路 が話題に。

更新日: 2019年10月15日

58 お気に入り 135300 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ダムなどの治水事業が台風被害を軽減していました。

nyokikeさん

▼台風19号がもたらした大雨による洪水・水害により、改めて注目されたダムの重要性

台風19号の通過による猛烈な降雨で各地では堤防が決壊するなどして河川が氾濫。貯水量が増えたダムは流入量と同じ水量を下流に流す「緊急放流」を行うなど重大な事態が相次いだ。

ダムのもっとも大事な目的の一つは、洪水がおきた時に河川の上流から流れる水の量を調節すること。 pic.twitter.com/wGncPpNkRE

水害対策は、各河川ごとに水量を想定し、人命や経済面などの重要性をも加味した上で優先度を決め、整備が進められてきたが、水防などに詳しい新潟大の安田浩保准教授(河川工学)は「想定をはるかに超える極端な降水が同時多発的に起こることで、水があふれ出した」と指摘する。

▼すったもんだの末に完成間近だった「八ッ場ダム」が今回大活躍した

国が来春の運用開始を目指し、今月1日に貯水試験を始めた八ッ場(やんば)ダム(群馬県長野原町)の水位が、台風19号による大雨で急上昇した。

国土交通省関東地方整備局の速報によると、13日午前5時現在の水位は標高573・2メートルとなり、満水時の水位(標高583メートル)まで10メートルほどに迫った。台風によるダムの被害は確認されていない。

国交省は、最高水位に達するまで「3~4か月かかる」とみていたが、周辺では11日未明から13日朝までに累計347ミリの雨が降り、山間部から流れ込んだ水でダム湖の水位は約54メートルも上昇した。水没予定地に残された鉄橋も11日時点では見えていたが、完全に水の底に沈んだ。

・およそ10年前に建設が中止されていた

八ッ場ダムは、利根川の氾濫による洪水被害を防ぐとともに、首都圏の人たちの生活用水や工業用水を確保するため、1952年に建設省(現在の国土交通省)が、群馬県長野原町と東吾妻町の町境に計画したダム。

住民の苦渋の選択の末、1992年に長野原町で、1995年には吾妻町(現東吾妻町)で「八ッ場ダム建設に係る基本協定書」が締結され、ダム建設事業が動き始めたが、このとき既にダム建設構想から、40年以上が経っていた。

2009年9月17日、鳩山内閣の下、前原国土交通大臣は、突然八ッ場ダムの建設中止を明言。これは、地元住民の意見、関係市町村、共同事業者の1都5県の意見を聞くことなく、国が一方的に判断したものだった。

2011年12月22日、前田国土交通大臣は、国交省政務三役会議において「八ッ場ダムの建設継続」を決定したことを発表。2013年5月15日に「利根川・江戸川河川整備計画」が策定され、「八ッ場ダム」が盛り込まれた。

・八ッ場ダム建設のために犠牲になった人たちの話がTwitterで話題に

もうほんと八ッ場ダムを讃えてくれ後世まで語り継いでくれ。八ッ場ダムの底に沈んだ川原湯温泉は源頼朝が見つけ源氏の笹竜胆が掲げられていた程の、古来から歴史ある温泉地だったんだ。本当に地元の人達が大切にしてきた場所だったんだ。断腸の思いだったんだ。それが利根川水系の幾万の命を救ったんだ

旧温泉街と自然湧出の源泉はダム底に沈みましたが川原湯温泉は高台に移転して今も立派に温泉地やってるのでもし八ッ場ダムの雄姿を見に来ることがあればぜひ新しい川原湯温泉にも寄ってみてください

八ッ場ダムが話題になっていますが、少しだけでいいです。先祖代々守ってきた土地を、生まれ故郷の美しい景色を、コンクリートに固められて水の底に沈められた人々のことを、今でも国を憎んでいる人たちがいることを、すべての恩恵は誰かの犠牲の上にあることを、少しだけ思ってあげてください… pic.twitter.com/SGhUeZJAaJ

八ッ場ダムは、僕の地元の近くだ。たくさんの地元の方たちが必死に反対をしていた。小さかった僕は、今までのきれいな自然の山が切り崩されてコンクリ詰めになっていくのが悲しかった。東京にいる大人のお金の都合で自然が壊されていると言われていたし、間違いなく眼の前の木は切り倒されていた。

正直複雑なところはある。間違いなく、必死に反対していたあの人たちの生活は大きく変えられてしまったし、飲めるほどきれいな美しい渓流のせせらぎは泥に埋もれ慣れ親しんだ自然がコンクリに沈んだ。 でも今ならわかる。無責任な言い訳ではなく、本当に 「仕方がなかったのだ」

・そんな人たちの想いを胸に…八ッ場ダムの活躍に称賛が贈られていました

母の実家が川原湯温泉で宿を営んでいました。 八ッ場ダム建設の為に廃業をし、母も私達も故郷を失くして寂しい思いをしていましたが、今回のダムの記事を幾つも拝読し、これは必要な事だったんだな。と、ようやく納得出来た気がします。 ダムの話を取り上げて下さった皆様に感謝を。

八ッ場ダムが凄い。何が凄いかと言えば未完成の状態、ギリギリ稼動可のタイミング、史上最強クラスの台風襲来にテストも無しで実戦投入、1億750万立方メートルの総貯水量が一晩にして満水、利根川流域を水害から守った。地域住民に反対派が居た事は事実。しかし、関東一円を救ったと誇りにしてほしい。

八ッ場ダム建設中に、いずれダムの底に沈む地域を車で走ったことがあった。こんなに深く?こんなに広く?と驚いた。故郷を奪われた人たちのことを思った。今朝目覚めたらそのダムが今回の台風でとても役に立っていたことを知った。誰かのおかげで今の暮らしがある。感謝したい。

八ッ場ダムは「試験で活躍したダム」として受験生の聖地となって地元が潤って欲しい。

「八ッ場ダム・・完成していたのか・・」 「出撃」 「無茶です!試験運転もしていません!」 「しかし・・・」 「いけますぜ大臣」 「利根川流域がダメになるかの瀬戸際なんだ」 「やってみる価値ありますぜ」 「おまえら・・」 みたいな感じで妄想した

1 2 3