1. まとめトップ

食欲の秋に!美しいラインのくびれに憧れる♡S字ライン出現!くびれには「広背筋トレーニング」が効く♡

美しいくびれを作るには、背中にある「広背筋」が実はとっても重要。腹筋運動をしているのに、なかなかくびれないという方は早速取り入れてみてください。分厚い背中からもカーブのないウエストからも卒業できますよ。

更新日: 2019年10月14日

6 お気に入り 3908 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

気になるニュースを料理します。皆様の役に立てるよう頑張ります。

hayate15さん

美しいラインのくびれに憧れる♡

出典locari.jp

美しい曲線を描く引き締まったボディは、多くの女性の憧れの的。特にキュッとくびれたウエストラインは、セクシーで視線がくぎ付けになってしまいますよね♡

実は「広背筋」がポイント!

そんな美しいくびれを持つ女性に共通しているのは、背中の広い部分にある「広背筋」が引き締まっていることなんです!

出典locari.jp

広背筋がしっかりとしていると、横や後ろから見てもきゅっとくびれたカーブができるように。さらに、たるんだ背中も引き締まり、姿勢も良くなります!

腹筋運動だけでは不十分!

出典locari.jp

ちなみに起き上がり腹筋では、表面にある「腹直筋」を鍛えることはできますが、くびれ作りにはあまり役立たないのだそう。

お腹の横にある腹斜筋を鍛えることも重要ですが、きゅっと角度のある魅力的なくびれが欲しいなら、やはり広背筋を鍛えることが重要みたいです!

広背筋ってどこ?

広背筋とは、肩甲骨の下に位置する、肩甲骨を寄せる時に使用する筋肉です。そのため、肩を落として肩甲骨を寄せると、広背筋をフルに使用できます。

逆三角形の身体とは、広背筋の発達によって形成されており、鍛え上げられた後背筋は後ろから見ると逆三角形に見えるようになります。ウエストもメリハリがつき、スマートな肉体に見えるので、ぜひ広背筋を鍛えていきましょう。

広背筋は意識しにくい筋肉

広背筋の特徴として、トレーニングの最中に意識しにくいことが挙げられます。

これは、普段見えない筋肉であること、さらに意識して使用することがあまりない筋肉というのが原因です。まずは、広背筋がどこにあるのかを確かめたり、動かしてみたりして。きちんと場所や機能を今一度確認することが大切になってきます。

広背筋を鍛えるメリットとは?

広背筋トレーニングの効果① 身体が逆三角形になる

広背筋は、身体の中でも大きな筋肉の1つです。そのため、鍛えれば目に見える変化が実感しやすいです。腹筋や胸筋も魅力的ですが、広背筋も鍛えることで逆三角形の体に仕上げるので魅力的なシルエットが手に入ります。目に見えて実感できるとトレーニングに対するモチベーションアップにも繋がるため、これから筋トレしようと考えている男性におすすめです。

広背筋トレーニングの効果② 姿勢が良くなる

広背筋は姿勢を支える筋肉としての役割も担っているため、鍛えることで綺麗な姿勢へと改善されます。姿勢が改善することで、血行が良くなり健康状態にも好影響を与えてくれる、まさに一石二鳥。今まで猫背に悩まされていた男性も、これを機に漢らしく勇ましい立ち姿を手に入れてみては?

広背筋トレーニングの効果③ 疲れにくい体になる

背中の筋肉を刺激すると、肩こりや猫背の改善にも繋がります。背中に刺激を与えることで、代謝を上げて疲れにくい身体に変化します。筋トレで、肩こりや猫背を改善できるのも非常に嬉しいポイント。普段のパソコン作業で体力の消耗が著しい男性は広背筋を極限まで鍛えて疲れにくい体づくりに励んでみてくださいね。

広背筋トレーニングの効果④ 基礎代謝が上がる

先ほど言ったように、広背筋は身体の中でも大きな筋肉です。そのため、大きく発達しやすく、鍛えることで体の代謝が上昇します。代謝が上がれば、消費されるエネルギーも必然的に増えるので、脂肪燃焼に繋がります。つまり、広背筋を鍛えることが、効率的に細マッチョになる方法でもあるということ。基礎代謝を効率よく上げたいという男性は広背筋のような大きな筋肉 (下腿三頭筋や大臀筋など) を真っ先に鍛えましょう。

広背筋トレーニングの効果⑤ 重いものが楽に持てるようになる

広背筋は普段あまり意識されないですが、腕を振ったり、荷物を持ったりなど日常生活で使用されている筋肉。つまり、広背筋を鍛えれば、重い荷物なども楽々と持てるようになります。荷物を持つときには腕の筋肉ばかりに意識を向きがちですが、広背筋もきちんと活用されているのです。また、腰痛持ちの男性も徐々に筋肉をつけていくことで痛みを伴うことなく、動作を行えますよ。

広背筋トレーニングの効果⑥ 腹筋が割れやすくなる

意外かもしれませんが、広背筋を鍛えると腹筋が割れやすくなります。背中にある広背筋は、鍛えることで肩側と側面から胸とお腹を引っ張り上げて絞り込めるのです。さらに、姿勢も良くなるためお腹周りが引き締まって腹筋のシックスパックが浮き上がりやすくなるのです。腹筋と背筋をセットで行うのにはちゃんとした意味が合ったんですね。

広背筋トレーニングにトライ!

背中のストレッチ

まずは背中をほぐしていきます。猫背がクセになり固くなっている方は、これだけでも辛いかも!

うつ伏せになり、手を胸の横について床を押しましょう。上体を軽く反りながら持ちあげていきます。

出典locari.jp

胸が開くのを感じながら、ここで3呼吸ほどとどまって下さい。これを2~3回行い、背中をほぐしていきます。腰に負担をかけないように、無理のない可動域で行ってください。

【広背筋トレーニング決定版】効果的な筋トレメニュー5選

三角筋・上腕二頭筋・広背筋を鍛えられる王道トレーニング、チンニング(懸垂)。最強の自重トレーニングとも称されるほど、自重だけで身体を効果的に鍛えることが出来るトレーニングです。カヌーなどの背筋を必要とする競技の選手も、欠かさずに取り組むと言われているほどのマストトレーニングなので、定期的に取り組むようにしましょう。


鍛えられる部位
広背筋
三角筋(後部)
上腕二頭筋

1 2