1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

会員増「JAF」という自動車サービスが注目されまくってるワケ

災害が多くなっている今、JAFという自動車サービスが注目されています。

更新日: 2019年10月15日

38 お気に入り 52028 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

JAFが発信している情報を参考に作成しました。

PINKMOMOさん

■JAF

JAFには3種類の会員制度があります。いずれかの会員になっていただくことで、JAFの諸サービスを受けることができます。

個人会員(年会費:4000円)、家族会員(年会費:2000円、5名まで登録可能)、法人会員(年会費:1台2000円、法人特定会費2000円別途必要)などの種別がある

24時間・365⽇、救援要請があればすぐに出動します。出動件数は約13.8秒に1件。

■どんなサービスを受けることができるのか?

「災害通報メール」(安否確認機能付き):災害発生時、災害情報とともに自分の安否を知らせるためのメールを受信します。そのメールにメッセージをつけて返信すれば、予め登録しておいた7人のメールアドレスに現在位置を地図付きで一斉送信

事故や故障のため自走不可能となった自動車[8]のけん引、キー閉じ込み、バッテリー上がり、落輪、落ち込み、スリップ、パンク、燃料切れ

ガソリンスタンドでの会員割引が4,500店舗を突破!旅先の給油もおトクに。JAF会員は、ぜひご利用を

■これらサービスにより年々会員数が増え続けている

損保各社の無料ロードサービスが充実する中、意外に思うかもしれないが、JAFの会員数は年々増えている

最新のデータによると2019年2月末現在の会員数は1941万947人(個人/家族/法人会員の合計)。実に免許保有者の約4分の1にあたる。

台風や洪水、大雪などクルマが立ち往生するような自然災害が起きるとJAFの会員数は急増する

■その理由の一つとして「災害の増加」がある

自然災害の発生とJAF会員数が比例しているのは、JAFが自然災害での救援にも対応しているから

雪道や泥道、砂地などでスタックした際(車輪がとられて身動きできなくなること)も、大雨による冠水など自然災害時のトラブルにも対応

■JAFのサービスは「人」に適応

JAFは「人にかかる」サービスのため、レンタカーや会社の車、友人など、保険契約車以外(マイカー以外)でのクルマのトラブルでもロードサービスが適用

会員自身が運転していなくても同乗していれば会員料金でサービスを受けられる。さらには、所有のオートバイ、原付に至るまで会員サービスが適用される

ちなみに、ボクらのようにいろいろな新車、クルマに試乗する機会がある職業では、JAFの会員証は不可欠なものとも言える

■今回の台風でも助けられた!という声が

車は引き上げて貰えました。JAFさんありがとうありがとう。そして保険屋に電話が繋がらない……まあそうだよね、水没したのとか電話殺到してるよね……。

JAFのお兄さん神対応や( ´ ▽ ` ) ただ台風の中申し訳なさすぎる

にゃうーーん、ガソリンが足りなくなった。仕方がないので、JAFに頼んで、待ち中。保険付帯で、10l無料だから、助かった。10年以上入っていて、初めて使うんだけどね(笑)

1 2