1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

人気番組『クィア・アイ』が日本にやってくる!!

アメリカ発!エミー賞も受賞したNetflixオリジナルの大人気リアリティ番組「クィア・アイ」。”自分を変えたい”男性たちを次々と変身させていくプロフェッショナル・ゲイ5人組”ファブ5”が、いよいよ日本にやってくる!!

更新日: 2019年10月20日

34 お気に入り 42205 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

笑いあり、涙ありの「クィア・アイ」。アメリカ版「ビューティー・コロシアム」みたいだけどスケールが違う!こちらはゲイ5人組がストレートな男性を変身させる大人気・リアリティ番組なのだ!

superjetterさん

リアリティ番組「クィア・アイ」とは?

ファッションやインテリアなど、その道のプロフェッショナルのゲイ5人組が、「自分を変えたい」男性たちを次々に変身させていく。

Netflixのオリジナルシリーズ。思い悩んでいたり自分を変えたい男性たちを、プロフェッショナル・ゲイ「ファブ5」たちが大変身させるという企画番組。かつて日本で放送されていた「B. C. ビューティー・コロシアム」と方向性が似ているが・・・

美や食のスペシャリストである5人のメンバーが悩みを抱えた人たちのもとを訪れ、劇的ビフォーアフターばりの大改造をしていく(しかもたったの1週間で!)というもの。

その人の外見的な変化だけでなく、ほかならぬ自分自身に対して愛と思いやりを持つようにと、優しく厳しく教えてくれる番組なんです。

本作は、2003年~2007年までアメリカで放送され、エミー賞も受賞した大人気リアリティ番組「Queer Eye for the Straight Guy」(原題)のリブート版。

ちなみに現在の最新シーズンはシーズン4。2020年にはシーズン5が制作される予定。

登場人物

彼らは”ファブファイヴ(Fab 5)”という各分野のプロフェッショナル5人組。
そして彼らの共通点は「ゲイ」である、ということだ。

1984年3月14日生まれ。
出身地:カナダ・モントリオール

料理のプロフェッショナル。
手軽に作れる美味しい料理を教えることにより、依頼者に自信を持たせる。

1983年4月20日生まれ。
出身地:イギリス・ドンカスター

パキスタン系のファッションデザイナーでファッションを担当。
ファッションブランド「Kingdom and State」のデザインを手掛ける。
褒め上手で相手の心を開く。

1980年11月2日生まれ。
出身地:アメリカ・テキサス州ヒューストン

数々の番組でホストとして活躍中。カルチャー担当。
自らの経験を活かしたカウンセリングを行い依頼者の懐に入っていく手腕はお見事!

1981年8月25日生まれ。
出身地:アメリカ・テキサス州

インテリアデザイナー。
依頼主の意思を尊重しつつ、見違えるほどファッショナブルな部屋へとつくり変える。

1987年3月28日生まれ。
出身地:アメリカ・イリノイ州

美容担当。
彼にかかればどんなに薄汚れたオジサンでも紳士に生まれ変わる!??

自らHIV陽性であることを公表している。

主なあらすじ

初めにファブ5はターゲットに会い、人となりを知ります。友人にも会って、ターゲットの様子を聞き出し、そのあとでターゲットの家に行くのです。

だいたいが汚い家なので、5人は顔をしかめ最悪ね~汚~いと言いたいことを言い、ターゲットの生活や仕事、人生観をそれとなく聞き出します。

そのあとは部屋にあるもので遊び始めたり、ダンスをしたり…。

楽しんだ後は改革スタート!
それぞれの得意分野を活かし、ターゲットを変えていきます。

出典:Netflixでクィアアイが大人気!登場人物、吹き替えがおすすめできない理由を紹介 -https://www.kishimamovie.com/entry/QueerEye

例えば洋服担当のタンがターゲットを連れ出す時、料理担当のアントニが付いて来ることもあります。1対1かと思いきや、あとからメンバーが合流することも。

インテリア、ターゲットの服装、中身も変えたらあとはお披露目!

パーティをしたり、お披露目会をしたりとターゲットに笑顔をもたらし5人の仕事はおしまいです!

出典:Netflixでクィアアイが大人気!登場人物、吹き替えがおすすめできない理由を紹介 -https://www.kishimamovie.com/entry/QueerEye

「クィア・アイ」は日本でも大人気

飛び出す名言!

ボビー「彼は髪とヒゲと家で周囲を遠ざけてる」 ジョナサン「毛むくじゃら男を丸裸にしちゃおう!」 カラモ「行こう!」 (1-2)

タン「白のほうがいいな!」 カラモ「俺はピンク!」 ジョナサン「ピンクがいい!」 タン「どっちもいいと思うけどねー、白のほうがフォーマルかな、仕事のイベントだしね」 ジョナサン「気が変わってやっぱり白のほうが素敵!もう本気で惚れてしまいそう!」 (1-2)

1 2