1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

26年ぶりに実施される「恩赦」ってホントに必要なの?

新天皇陛下の即位に際し、2019年10月22日は「即位礼正殿の儀」が行われます。政府はこの日に合わせて、約55万人を対象に「恩赦」を実施することを検討しています。

更新日: 2019年10月16日

11 お気に入り 59982 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■10月22日は「即位礼正殿の儀」のため祝日となります

新天皇陛下の即位に際し、2019年10月22日は「即位礼正殿の儀の行われる日」として今年限定の「国民の祝日」となる

「即位礼正殿の儀」は、天皇陛下が御即位を公に宣明されるとともに、その御即位を内外の代表がことほぐ儀式のこと

国内外から賓客が招かれ、特に国外においては国家元首あるいは首脳が参列する

■これに伴い「恩赦」が実施される予定となっている

政府は天皇陛下の即位を内外に宣言する22日の「即位礼正殿の儀」に合わせ、約55万人を対象に恩赦を行う方針を固めた

罪種は問わない一方、比較的軽微な事件で罰金刑となり、確定から三年が経過した人に絞る

恩赦が実施されれば1993年の天皇・皇后両陛下のご結婚以来26年ぶりで、政府は今月18日に閣議決定する方針です

■みなさん「恩赦」ってご存知ですか?

確定した刑の全部または一部を消滅させること

国家元首の特権によって、公訴権を消滅させ、あるいは刑の言渡しの効果を全部または一部を消滅させ、犯罪者を許す制度

■日本だけでなく、恩赦は世界中で採用されている制度

刑罰に関する歴史的な経緯や様々な政治的事情などを踏まえ、世界各国で広く採用されている

■過去には、日本でも恩赦が行われている

近代においては明治・大正天皇崩御の際や、日本国憲法公布時、皇太子御成婚の際に合わせて行われています

昭和天皇が逝去した89年の対象者は1千万人を超え、即位礼正殿の儀が行われた90年には約250万人に上った

■しかし、恩赦制度には兼ねてから疑問の声も上がっている

裁判所で決まった刑罰を、行政(内閣)によって変更するということは、この三権分立に反することになるということ、そして、政治的な意味合いを持つ

公職選挙法違反などでの公民権停止からの復権など、政治家に有利な恩赦が行われがちで過去の恩赦対象者の比率も公職選挙法を対象としてものが非常に多い

1 2