1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

弱すぎる…タワマンの災害対策に「大きすぎる懸念」が残る

台風19号の大雨によって、タワマンの災害対策に大きな懸念が浮き彫りになりました。

更新日: 2019年10月16日

18 お気に入り 70985 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しました。

PINKMOMOさん

■台風19号によって武蔵小杉のタワマンが被災した

武蔵小杉(川崎市中原区)エリアに林立するタワーマンションでも停電と断水が続き、エレベーターやトイレが使えなくなる建物が出るなど、意外なところでタワマンの脆弱性が注目

47階建てマンションの地下の配電盤が壊れ、多くの部屋で停電や断水が起きている

水害対策用の止水板が設置されていなかったことが要因の一つだと指摘する声もあり、都市型災害への対応が改めて課題として浮き彫りに

■停電してしまうと何もかもが止まる

台風通過後に全戸で断水、停電が発生。エレベーターが使えず高層階から外に出ることすら難しく、日々の暮らしでの「何気ない行動」がとれなくなる

下水機能に被害が生じ、住民に対しトイレの利用を控えるように、といったお願いが出されたとネット上で話題となった

エレベーターが使えず、居住者などは階段を使って高層階への上り下りを強いられている

■そして「揺れ」が不安を煽る

地震の場合は長くても数十秒の揺れだが、台風の場合は数時間続くことがある。三半規管の弱い方なら乗り物酔いと同じ症状になる

ムサコや豊洲などのタワーマンション、相当揺れてるんじゃないか? 昨年の関西の台風の時、同じような風の音が一晩中続き、宿泊していたタワーホテルは震度2-3くらいでずっと揺れてた。 怖くなってフロントに電話しちゃったくらい。

タワマンめっちゃ揺れたあああ 怖いいいいい 風つよいいいいいち

■そして「避難所」の問題もある

避難所は、家が倒壊するなどして住めなくなった人を想定して用意されているので、建物が地震に強いと思われているマンションの住民まで避難所にくることを想定していなかった

今回の震災では、マンションからも多くの住民が避難していたことが明らかになりました。被災しても行き場がない「避難所不足」が深刻化するおそれが出てきた

タワーマンションに限らず、マンションの住民については行政は避難所への収容を想定していません

■マンションの住民はマンションに留まるように防災が組み立てられている?

「建物が崩壊する心配が少ないマンション住民は、できるだけマンションに留まって生活できるように備えてください」という方向で、都市防災が組み立てられようとしています

中央区では、今、マンションを回って、建物の中で避難生活を送れるような対策をとってほしいと呼びかけています

備えあれば患いなしというが、タワーマンションで暮らす人たちは災害時にどう行動するか、どんな備えが必要か知っておく必要がある

■これらを含め、タワマンの災害対策を考えていく必要があると政府も声明を

菅義偉官房長官は16日の記者会見で、台風19号による浸水に伴い、川崎市などのタワーマンションで停電が発生していることを受け、対策を検討する考えを示した

「まずは浸水地域の排水、生活の復旧支援に全力を挙げ、そのうえで災害対策として対応すべき点がないか政府全体でしっかり検証していきたい」

注意喚起や避難勧告など住民への情報周知の在り方についても「今回の災害から学んだ教訓は極めて大事だ」として改めて点検するとした

1 2