1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ
6 お気に入り 14126 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■殺人アリとして恐れられている「ヒアリ」

南米大陸原産で、体長2~6mm、赤褐色で腹部が暗色なのが特徴。

アルカロイド系の毒と強力な針を持ち、刺されると非常に激しい痛みを覚え、アナフィラキシーショックを起こして死亡することも。

攻撃的な性格のほか繫殖力も高いため、「世界の侵略的外来種ワースト100」、「特定外来生物」にも指定されている。

■日本では2017年5月に初確認

2017年5月、貨物船で中国の広東省広州市から神戸港へ運ばれたコンテナの中から発見。

以降、愛知県や大阪府などで相次ぎ発見され、環境省や各地の自治体、港湾管理者などが調査と駆除を行っている。

■そんなヒアリが東京港青海ふ頭で「定着」か

16日、国立環境研究所は「ヒアリが東京港青海ふ頭で定着した可能性が極めて高い」との分析を明らかにした。

■詳細

大量の女王アリや幼虫などを発見

環境省や国立環境研究所は今月7日、青海ふ頭のコンテナヤードで舗装の接ぎ目にある土の部分に数十匹のヒアリを発見。

その後、巣も見つかり、繁殖可能な女王アリ50匹以上、働きアリ300匹以上、幼虫約10匹を確認したという。

すでに拡散した可能性も

定着が確定すれば初の事例で、対策として殺虫剤の散布や殺虫餌を設置。

それでも専門家は「既に拡散している最悪のケースを想定し、範囲を広げて早急に徹底調査すべきだ」と話している。

■一度定着すると根絶は困難

暖かい季節に有翅虫による結婚飛行が行われ、公園や農耕地などやや開けた場所に巣を形成。

巣には「複数の女王アリからなる巣」、「単独の女王の巣」の二種類が存在し、特に前者の場合は殺虫剤による駆除が非常に難しい。

女王アリが生涯で産む卵の数は200~300万個で、一つの巣に100匹以上の女王アリがいる場合も

アメリカでは、公園が立ち入り禁止になり、家畜が襲われたり、信号機が故障したりと、年間7千億円ほどの被害が出ている。

ヒアリが青海埠頭で定着の可能性が高いか。ゴキブリでさえ凄く厄介なのにそれはないよ(汗)

は、久しくヒアリの名前なんて聞いてなかったけど定着ってヤバくないか。 青海に行く機会なんてそうそうないけど輸入貨物にで紛れ込んで普通に全国拡散しそうだし、弊社も輸入品メーカー兼商社だからもちろん東京港からの輸入品扱ってるし怖い。

ヒアリとうとうスズメバチくらいまで身近になるんか

1 2