1. まとめトップ

【吐き気がする】後味が悪すぎる映画 複雑な人間よりも、単純な人間の方が恐ろしい

戦艦ポチョムキン、1984年、悪童日記、ミスト、羊たちの沈黙、スウィートホーム、八つ墓村、けものみち

更新日: 2020年01月10日

7 お気に入り 18661 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

好きにするが良い。誰も誰一人信じぬであろう。神が創造した唯一の特別な生物であると妄想し、進歩発展だと言表している方が、幸福だと思うが?

koitate2016さん

目次

戦艦ポチョムキン
1984年
悪童日記
ミスト
羊たちの沈黙
スウィートホーム
八つ墓村
けものみち

戦艦ポチョムキン

言わずと知れた名作中の名作映画です。ロシアのサイレント映画です。
約6分間のオデッサの階段の場面は、非常に有名かと。
ウクライナのオデッサにある階段、正式名称はプリモスキーの階段です。

単に虐殺シーンの裏で明るい音楽を流すだけなら戦艦ポチョムキンの頃からあるけど、音ハメまでしてみせる畜生演出はキングスマン以外だと中々思い出せない。

1984年

原作は、ジョージ・オーウェルの同名の小説です。
ディストピア(ユートピアの反対)社会を、描いた映画です。

悪童日記

原作は、ハンガリー出身の作家アゴタ・クリストフの同名の小説です。
双子の子供が主人公。親を乗り越え踏んづけて行く物語です。

映画なら悪童日記をよろしくお願いしますニコニコ とても美しい双子の少年が戦時中、疎開先で見たもの聞いたものを日記として記録していきます とても頭が良く賢い双子の、年に似合わない淡々とした語りがとっても怖くて興奮します pic.twitter.com/xxUttfY6N5

ミスト

原作は、スティーヴン・キングの同名の小説です。
バイオハザードのような映画です。
霧に包まれていき、様々な化け物達が襲って来る。人々は、狂気に堕ちていく。

ミストはまあ人間が襲われてなんで襲われてるのかよくわかんないのでホラーなんだけどあそこまで言うことはないと思う、普通のホラー映画だよ、いやでも普通のホラー映画って何?

ミストは結構昔にふと見たんだけど、モンスターよりも人間の方が怖いって思った映画だった

羊たちの沈黙

閉店間際のコインランドリーに駆け込んで肉まんを食べながら洗濯物が回るのを見ていた。口と耳では会話を維持しながら、頭の中では羊たちの沈黙のクラリスが洗濯機に安らぎを覚えていたシーンがあったような気がして記憶を朧に辿っていた。

スウィートホーム

監督、伊丹十三。
テレビ番組を制作する5人が、間宮家の屋敷に撮影に行き、そこで事件に遭遇する。

八つ墓村

原作は、横溝正史の同名の小説です。
岡山県で実際に起こった、津山事件を題材にしています。

1 2