1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

知らなかった。。

避難所に身を寄せる台風19号の被災者は疲労やストレスが日を追うごとに高まる。

全員が疲れていて、イライラしている共同生活。みなさんはそこで生活することになっても平気でしょうか。

汚い・暗い・狭い… 避難所トイレ

仮設トイレが設置されても、それは快適なトイレ環境が約束されているわけではないのです。

仮設トイレに関しては汚い・臭い・暗い、外に設置されていて寒い、和式で使いづらい、段差があって子どもやお年寄りには使いづらい、男女共用で嫌だ、待ち時間が長いなどの声が記録に残っています。

避難所の食生活は炭水化物が中心

行政の備蓄食料や支援物資の食料にありつけたとしても、そこで供されるのはオニギリ、アルファ米、カップ麺、菓子パン、乾パンなどの炭水化物がメイン。

最初は最高のご馳走に見えたオニギリ(塩むすび)も、しまいには見るのも嫌になったと告白する人もいます。

慣れない環境での睡眠不足

そのため過剰に覚醒した状態である「情動的過覚醒」におちいる。これが夜間にも持続するため自然な眠りの出現を妨げる。

体育館などの避難所は、床が固くてダンボールや毛布をひいたぐらいでは体が痛くてなかなか寝られることができません。

お風呂に入れず体がベトベト

スーパー銭湯が近所にあれば問題ないと思いますが、そうでない避難所では体を拭くぐらいしかできません。

冬といえども風呂に入らなかったから体は臭いし、髪の毛は脂でギトギト、全身しもやけでかゆかった。

という経験者の声も…。

女性には辛い…。プライバシー問題

多くの避難所にはプライベートな空間などなく、やることなすことすべてが人目にさらされる。

1 2