1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「違う、そうじゃない」神戸の教員いじめ問題 謎の展開に唖然

神戸市立東須磨小学校の教師いじめ問題。給食のカレー中止などの小学校側の対応に困惑の声が多く寄せられています。

更新日: 2019年10月18日

18 お気に入り 137786 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■連日テレビ報道されている神戸市立東須磨小学校の教師いじめ問題

神戸市の公立小学校で複数の教諭が同僚にいじめを繰り返していた問題

30代と40代の教師4人が同僚の20代教師に対して、はがいじめして激辛カレーを食べさせ、カレーを体に塗りつけ、被害教師の車の屋根に乗り、コピー用紙の芯で尻を叩くなどやりたい放題。

・問題発覚後、ショックで不登校になる生徒も…

学校側は問題発覚後、児童4人がショックで不登校となり、うち2人が現在も学校を休んでいることを明らかにした。

■保護者説明会で加害教員4人の謝罪文を公表

・しかしあまりの内容の酷さにネットで大炎上

これに対し、ニュースサイトのコメント欄やツイッター上などでは、加害教員らの謝罪文に突っ込みが相次いでいる。「形だけの謝罪であることしか文章からは伝わって来ない」「この方々には、もう教職について欲しくないな」といった厳しい声だ。

神戸・教員暴行事件の「加害4教員謝罪の言葉」が謝罪文としてひどかったので赤ペン先生をしてみた。 40代女性教員の文はひどすぎて、書いてるうちにさじを投げたくなってきた。 pic.twitter.com/V1V89Rg6jI

加害4教員謝罪の言葉、誰が少しは添削してやれよ。 男性A:被害者には何一つ謝罪してない。アホなの? 男性B:加害者の自覚あるなら許されなくても普通謝る。バカなの? 男性C:謝罪文に自分の希望入れてる時点であり得ない。何様? 女帝:全部ダメ。自分は悪くない調子崩して可哀想とかサイコパス過ぎ

あの謝罪文出した女性の先生、 タイムラインやと「チッうっせーな反省してまーす、って文章書いたのでは」説もあるけど、 個人的にはあれ多分ガチで 「可愛がっていたのに、何故こんなことになるか分かりません…!」 って本気で思ってんだろうなと思ってて、だからこそ怖すぎるな?

40代女性教員の謝罪文を翻訳すると、 「私の愛する子どもたち、本当にごめんなさい!今回の不祥事でもう教壇に立てなくなっちゃった!そうそう、その不祥事だけどね。あれはイジメじゃないの。私なりに可愛がってただけなの!」 もうね。サイコパスですよ完全に。

■児童のメンタルケアのために学校側はいくつかの対策を発表

・家庭科室の改修工事

家庭科室は動画を見た児童らがショックを受けているという理由で現在は使用しておらず、来月末までに改修するということです。

・給食のカレーを中止

カレーを無理やり食べさせている動画にショックを受けた児童らへの対応として給食のカレーを一時、中止することなどが発表されました。

■この学校側の対応にネットでは総ツッコミ「違う、そうじゃない」

ニュース「激辛カレーを無理やり食べさせる等後輩教師にいじめ」 国民「は?」 教育委員会「加害教師は自宅療養中です」 国民「は?やる事が違うやろ」 教育委員会「家庭科室を改修しましたよ」 国民「は?やる事が違うやろ」 教育委員会「じゃあカレー中止にしますね」 国民『違うそうじゃない』

「給食にカレーを出しません」神戸市の教諭イジメ問題の対策として、学校側が出した児童への心のケアとしての対応がこれ。 カレーのせいにしないでー! 神戸市のカレー屋さんは怒っていいレベル

1 2