1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■栃木県足利市で「野生イノシシ」が人を襲撃

17日、栃木県足利市の市街地でイノシシが次々と人に衝突したりかみついたりし、合わせて4人がケガをした。

■詳細

イノシシは体長1mほど

警察によると、午前9時15分ごろ、同市福居町の福居駅ホームで、同市在住20代女性が体長1mほどのイノシシに襲われた。

さらに近くの道路で、自転車の男子高校生や駆けつけた警察官も衝突やかみつかれるなどしてけがをした。

約2時間後に捕獲され処分

午前11時ごろ、同市堀込町で民家に入ってきたイノシシを男性(72)が発見し、通報で駆けつけた消防署員とともに捕獲。

イノシシは地元の猟友会が処分したが、取り押さえた際、男性は左手と下腿部を負傷したという。

■今月13日以降、関東地方ではイノシシの目撃情報が相次いでいる

栃木県では今月13日以降、足利市など複数の市や町でイノシシの目撃情報が相次いでおり、16日朝の時点で15件に上る。

また、東京都立川市と昭島市にまたがる国営昭和記念公園でも17日午前10時ごろ、「イノシシが園内を歩いている」との通報があった。

■東日本に甚大な被害をもたらした「台風19号」が関係か

イノシシの分布や生態

南西諸島にリュウキュウイノシシ、本州・四国・九州に二ホンイノシシが広く分布。

定住期と移動期を繰り返す移動パターンを持ち、瀬戸内海などでは島の間を渡る個体がたびたび目撃されている。

河川の増水などで生息域を追われ、市街地へ迷い込んだ?

一般的には低山帯~平地にかけての雑草が繁茂する森林や草原などに生息する。

台風19号による河川の増水などで、イノシシがふだんの生息地域とは異なる市街地に迷い込んだ可能性もあるという。

■Twitterではこんな投稿も…

台風以降、SNSではタヌキなどとみられる野生動物の目撃報告が相次いでいる。

1 2