1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Djyakkyさん

2019年ドラフト指名選手

1位
河野 竜生
投手
JFE西日本
2位
立野 和明
投手
東海理化
3位
上野 響平
内野手
京都国際高
4位
鈴木 健矢
投手
JX-ENEOS
5位
望月 大希
投手
創価大学
6位
梅林 優貴
捕手
広島文化学園大学
7位
片岡 奨人
外野手
東日本国際大学

2019年育成ドラフト指名選手

1位
宮田 輝星
外野手
福岡大学
2位
樋口 龍之介
内野手
新潟アルビレックスBC
3位
長谷川 凌汰
投手
新潟アルビレックスBC

1位 河野 竜生投手

河野 竜生(かわの りゅうせい)
生年月日
1998.5.30
ドラフト年
2019 年
所属
JFE西日本
経歴
林崎スポーツ少年団(鳴門市立林崎小学校) →鳴門市第二中学校 → 鳴門高校 → JFE西日本
出身(地域)
徳島県(四国)
解説
鳴門市立林崎小学校で林崎スポーツ少年団野球部で野球を始める。
鳴門市第二中学校では軟式野球部に所属。
鳴門高校では史上5人目の3年連続夏の甲子園先発出場を達成。
1・2年生時は初戦敗退だったが、3年生時にはベスト8。
プロ志望届を提出せず、社会人へ。
JFE西日本では1年目から都市対抗に出場。
2年目にも都市対抗、日本選手権に出場。
日本選手権では3試合3完投、防御率0.33という好成績で敢闘賞を受賞。
2018台湾ウインターリグに社会人選抜として選出。

守備位置
投手,
投打
左投左打
身長
174 cm
体重
72 kg
最高球速
149 km/h
変化球
スライダー, カーブ, フォーク
総合評価
S 評価
解説
空振りやファールが取れるストレートは質が良く、最速149kmhと勢いがある。
変化球のどの球種でもカウントが取れ、空振りが取れる。
テイクバックが小さいフォームがさらに打者に打ちにくさを与える。
ホークスの和田毅のようなイメージの左腕投手。

特徴①
非常に質の良い速球。
ストレートで空振りやファールが取れている。
最速は149kmhで、非常に勢いを感じる。
セットポジションでも勢いが衰えない。
特徴②
変化球は、スライダー、スローカーブ、フォークがある。
どの球種もカウントを取れ、空振りが取れる完成度の高さ。
突出した球種はないものの、全体的に高レベル。
特徴③
ストレートは、打者の外角低めにしっかり決まるストレートは素晴らしい。
さらに左右関係なく、内角に投げ切れている点も非常に良い。
変化球は若干高めに抜けているボールもあるが、全体的な制球力は高い。
与四球で崩れるタイプではないだろう。

結構なイケメンですね!栗山監督は早速下の名前で呼ぶのでしょうか(笑)

2位 立野 和明投手

名前
立野 和明(たての かずあき)
生年月日
1998.4.3
ドラフト年
2019 年
所属
東海理化
経歴
豊山フェニックス(豊山町立豊山小学校) → 東海チャレンジャーボーイズ(豊山町立豊山中学校) → 中部大学第一高校 → 東海理化
出身(地域)
愛知県(中部)
解説
豊山町立豊山小学校一年生時に豊山フェニックスで野球を開始。
豊山町立豊山中学校では東海チャレンジャーボーイズに所属。
中部大学第一高校へ進学後は、1年生秋からベンチ入りし、2年生秋からエースに。
3年生春の大会では最速141km/hの速球を武器に、10奪三振を記録し、プロからも注目される。
3年生夏にも一回戦で5連続含む、11奪三振を記録するも、2回戦敗退で甲子園未出場に終わる。
複数球団から注目されるも、プロ志望届は提出せず、社会人へ。
東海理化へ就職すると、1年目からリリーフとして出場。
2018年の都市対抗で最速147kmhを記録するも、ホームランを打たれ敗退。
続く11月の日本選手権1回戦で、最速を更新する150kmhの速球を主体に、12回1失点10奪三振の好投を披露。
社会人日本代表として2018台湾ウインターリーグに選出されると、自己最速の152km/hを記録。
年々成長する姿から、2019年の大活躍が期待される。

守備位置
投手,
投打
右投右打
身長
181 cm
体重
77 kg
最高球速
152 km/h
変化球
スライダー, カットボール, カーブ, フォーク
総合評価
A 評価
解説
最速152km/hの速球が武器の本格派右腕投手。
勢いのある質の良いストレートで、空振りやファールをとれる。
スライダーを得意とし、その他にカーブ、フォーク、カットボール、ツーシームと多彩な変化球を操る。
全体的な制球力が高く、四球で崩れるタイプでは無いが、まだまだ抜ける球も多い。
現時点でも十分完成度の高い投手だ。
社会人になってから10km/hも球速が速くなっていることから、まだまだ成長段階。
今後の成長も期待できる。

特徴①
特徴はなんといっても最速152km/hの勢い有るストレートだ。
シュート回転も少なく、空振りやファールが取れていることから、質の良いストレートであることがわかる。
社会人で球速が10km/h速くなっていることから、さらなる球速UPも期待できるかもしれない。
特徴②
多彩な変化球を操る。
主にスライダーを得意としているが、カーブ、フォーク、カットボール、ツーシームといった多彩な変化球を持っている。
スライダーは変化量も大きく、決め球として使えそうだ。
フォークは落ちない場面もあり、精度の向上が必要だろう。
カーブは110km/h台と緩急が効いており、有効なボールと言える。
特徴③
比較的安定した制球力がある。
捕手の構えたコースに投げ分けることが出来ており、制球力は比較的高いと言っていいだろう。
なので、四球で崩れるようなタイプでは無い。
ただ、四隅にしっかり決めていくほどの制球力はなく、変化球の抜け球もまだまだ多い。
制球力がもうワンランクレベルアップすると、さらに安定感が増すだろう。

記事を読んでみるととても天然なのか糸井選手を訪仏させる言動があるみたいですね(笑)色々と期待ですね!

3位 上野 響平選手

名前:上野響平(うえの・きょうへい)
ポジション:内野手
生年月日:2001年4月26日
身長・体重:174cm65kg
投打:右投右打
所属:京都国際高
経歴:貝塚シニア(貝塚一中) – 京都国際高

 柔らかいグラブさばきが魅力の金の卵。京都国際高では1年の京都大会から出場し、主将となった2年秋の京都大会では準優勝で近畿大会出場も1回戦敗退。3年春は府大会を制してステップアップしたが、夏は決勝で立命館宇治高にサヨナラ負けを喫し、甲子園出場とはならなかった。

 遊撃手の守備力においては「関西No.1」の呼び声があり、打球判断、捕球、送球までの流れには一切のムダがなく、取れるアウトを確実に取ってくれる。チームでは一番打者で主将を務めた大黒柱。打撃はまだ非力な部分も否めないが、粘り強くシュアな打撃が持ち味。大化けの可能性も秘める潜在能力抜群の逸材。

投手、投手ときて野手です。高卒ですし中島選手の代わりとなる選手を育成するんですね。

4位 鈴木 健矢投手

名前
鈴木 健矢
生年月日
1997年12月11日
身長
177cm
体重
78kg
所属
根岸製油所 製油技術グループ
出身地
千葉県
出身校
長浦中 → 木更津総合高
投打
右・左

鈴木投手は、兄の影響で8歳から「久保田ロングス」で軟式野球を始めました。
中学生時代は、学校の軟式野球部でプレーしています。

〇木更津総合
高校は、木更津総合に進学。

1年生の頃は、ストライクが入らず、コントロールに苦しみました。
しかし2年生の時に、オーバースローからサイドスローに投げ方を変えると、制球が劇的に改善され、2年の秋からは「背番号1」を付けます。

2年秋の千葉県大会では、防御率1.29の好成績で優勝に貢献。
続く関東大会でも準優勝に輝きます。

翌3年春には、センバツ大会に出場し、リリーフとして2試合に登板。
1回戦・岡山理大付戦では2回1安打2四死球、無失点。
2回戦・静岡高校戦では、4回無安打4四死球、1失点という成績を残しています。

3年夏の千葉県大会では、準決勝・専大松戸戦で先発を任されますが、6回8安打2四死球、3失点で敗れ、ベスト4止まりに終わっています。

常にセットポジションからの投球で、ストレートの最速145km/hです。
変化球はスライダー、シンカーなど。
特にスライダーは、キレが良く、バッターを詰まらせたり、空振りをさせたりするシーンが良く見られます。

また、マウンド度胸がよい強心臓の持ち主で、どちらかというとリリーフタイプのピッチャーです。

5位 望月 大希投手

名前
望月 大希(もちづき だいき)
生年月日
1998.2.1
ドラフト年
2019 年
所属
創価大学
経歴
船橋市立八木が谷中学校 → 船橋市立船橋高校 → 創価大学
出身(地域)
千葉県(関東)
解説
船橋市立八木が谷中学校では軟式野球部に所属。
船橋市立船橋高校では県大会4回戦が最高で、甲子園は未出場。
創価大学では一年生春からベンチ入りし、リリーフとして出場。
二年生夏にIgA腎症という難病を発症し戦線離脱。
秋にはリリーフとして復活登板を果たし、明治神宮大会で2回無失点の好投、自己最速の145km/hを記録。
三年生春には防御率1.27という好成績で最優秀防御率のタイトルを獲得。
秋季リーグは靱帯を痛め、登板機会を減らすも、四年生春には先発中心で防御率0.76を記録し、リームの優勝に大きく貢献。
続く全日本大学野球選手権では好投するも、打線の援護なく敗退となる。

守備位置
投手,
投打
右投右打
身長
187 cm
体重
83 kg
最高球速
146 km/h
変化球
スライダー, カーブ, チェンジアップ
総合評価
A 評価
解説
最速146km/hの本格派右腕投手。
質の良いストレートで空振りを奪う。
変化球はスライダー、スローカーブ、チェンジアップを持ち球とする。
制球力はまずまずで、四死球で崩れるタイプでは無い。
長身で細身ということもあり、まだまだ伸びしろが大きい選手という印象。

特徴①
最速146km/hながら常時140km/h以上を安定して投げ込む。
ストレートで空振りやファールが奪えるタイプだ。
上体を傾け、腕を縦に振れているので、回転軸が地面と水平に近いのだろう。
ノビのある素晴らしいストレートを投げている。
特徴②
変化球はスローカーブ、スライダー、チェンジアップを投げており、どの球種もまんべんなく投げている。
130km/h前後のチェンジアップは、長身で上から投げ下ろすので、見極めしにくそうだ。
110km/h前後の縦のカーブは、球速差があり落差も大きいので、相手打者のタイミングをズラすことが出来ている。
この二球種と伸びのあるストレートのコンビネーションで相手打者を打ち取っている。
楽天の岸孝之に近い投球スタイルである。
特徴③
制球力はまずまずである。
概ね捕手の構えたコースに投げられており、相手打者の内角にも投げ込めている。
時折、抜け球もあるが、四死球で崩れるタイプでは無いだろう。

1 2 3