1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

『紅白』司会決定!綾瀬はるか&櫻井翔&内村光良に期待

『第70回NHK紅白歌合戦』の紅組司会が綾瀬はるか、白組司会が嵐の櫻井翔、総合司会が内村光良に決定。綾瀬は15年以来4年ぶり3回目、櫻井はソロで昨年に続き2年連続で2回目。内村は3年連続となる。

更新日: 2019年10月27日

1 お気に入り 16409 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆好感度抜群の人気女優・綾瀬はるか

確かな演技力と透明感のあるクリーンな美しさに加え、バラエティ番組などで見せるほんわかとした天然キャラで高い好感度をキープし続ける女優、綾瀬はるか。

株式会社ビデオリサーチは、年2回実施する「テレビタレントイメージ2019年2月度調査」の結果を発表。平成最後の調査で女性タレント部門1位に女優の綾瀬はるかが輝いた。綾瀬は前回に引き続き1位をキープし、これで9連覇達成となった。

2000年、第25回ホリプロスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞し、芸能界デビューを果たす。09年の連続テレビドラマ「JIN-仁-」(TBS)にて人気を決定的なものとする。

◆大河ドラマに主演するなどNHKに最も重用されている女優

13年のNHK大河ドラマ「八重の桜」では主人公に抜擢された。

16年から3年連続で放送の大河ファンタジー「精霊の守り人」などで主演。

大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」では前半の主人公・金栗四三(中村勘九郎)の妻スヤを好演。

2019年

◆過去『紅白』司会も2度任され、高視聴率を記録

『第64回紅白歌合戦』(2013)

綾瀬は初司会だった13年には天然ぶりをさく裂させ、歌手紹介でとちる場面もあったが、15年はほぼノーミスで完走し、成長を見せつけた。

綾瀬は、初司会となった13年に嵐とタッグを組んだ。同年は直近15年間で最高となる視聴率44・5%を記録。

◆そんな綾瀬はるかが3度目となる『紅白』司会に決定

NHKは17日、大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」(午後7時15分スタート)の紅組司会に女優綾瀬はるか(34)が、白組司会に嵐の櫻井翔(37)がそれぞれ決まったと発表した。

綾瀬は15年以来4年ぶり3回目、櫻井はソロで昨年に続き2年連続で2回目となる。総合司会は3年連続で内村光良(55)が務める。

制作サイドは「数々のNHKドラマで強くて優しい女性を演じていただきましたが、紅白でも力強く紅組を率いていただけると確信」とし。

◆白組司会の嵐・櫻井翔は抜群の“司会力”を誇る

櫻井が司会を務めた昨年は北島三郎(83)、サザンオールスターズ、松任谷由実(65)らの共演で盛り上がりを見せた。櫻井は安定した進行で、初の紅組司会となった広瀬すず(21)のサポートも行った。

制作サイドは櫻井についても「今年も素晴らしい進行力に期待」と言葉を向けた。

◆総合司会の内村光良はユーモアや人柄を評価された

芸人が「NHK紅白歌合戦」の総合司会を務めるのは1983年のタモリさん以来、34年ぶり2人目の快挙。

NHKは内村のユーモアや人柄を評価し、「4年間の『夢を歌おう』というテーマを全うするにあたり、総合司会として最もふさわしい方が、内村さんだと考えています」と説明した。

1 2