1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

綾瀬はるか『奥様は、取り扱い注意』も!「新作映画」まとめ

注目の「新作映画」5品のまとめ。『ガンバレとかうるせぇ』、『映像研には手を出すな!』、『奥様は、取り扱い注意』、『ドロステのはてで僕ら』、西川美和監督最新作。

更新日: 2019年12月20日

5 お気に入り 16433 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『ガンバレとかうるせぇ』(11月23日公開)

【作品情報】11/30(土)~『ガンバレとかうるせぇ』 佐藤快磨監督の初の長編映画であり、堀春菜の初主演映画が遂に劇場公開!試合に勝っても褒められず、負けて責められることもない高校サッカーの女子マネージャーに着眼したユニークな作品。 ※同監督作品『歩けない僕らは』と同時上映 pic.twitter.com/hFtxYhRpQr

PFFアワード2014で映画ファン賞と観客賞をW受賞し、釜山国際映画祭ニューカレンツ・コンペティション部門に正式出品された、佐藤快磨(たくま)監督の初の長編映画、そして堀春菜の初主演映画『ガンバレとかうるせぇ』が、劇場公開される。

本作は、サッカー部のマネージャーである高校3年生の菜津を主人公とする作品。冬の選手権まで部に残ることをキャプテンの豪と誓い合ったが、顧問や部員から必要とされていないことに気付いてしまった菜津の姿が描かれる。

「ガンバレとかうるせぇ」は11月23日より東京・K's cinemaほか全国で順次公開。「歩けない僕らは」と併映される。

先日、佐藤快磨監督の映画「ガンバレとかうるせぇ」を鑑賞。 秀逸なタイトル。もうそれだけでグサグサくる。「もっと頑張れよ」ってことじゃなくて、「なんだかんだあるけど、まぁ引き続き頑張ろ」の方の「ガンバレ」が私は好き。でも言葉にすると「ガンバレ」になっちゃうからもどかしいんだよねー。 pic.twitter.com/9xi9zZtkbk

「ガンバレとかうるせぇ」を鑑賞。心のひだをどう描くか、その部分で物語の作り手として共感が持てました。今しか纏えない空気を持った役者と切り取った風景、流れる音楽の調和が絶妙でした。呼吸が近くで聞こえるというか。映画祭の大賞に選ばれたそうですが、納得。

◆『ドロステのはてで僕ら』(2020年春公開)

これまで自分たちの戯曲「サマータイムマシン・ブルース」「曲がれ!スプーン」が映画化されたほか、主宰の上田誠が映画やドラマの脚本を手がけ、劇団員が各自ショートフィルムの監督を務めるなど、映像作品にも力を注いできたヨーロッパ企画。

テーマとなるのは、“時間映画”。今作のタイトルにもある「ドロステ」とは、絵の中の人物が自分の描かれた絵を持ち、その絵の中の人物も自分が描かれた絵を持ち……という無限に続く入れ子のような構図を指す。

映画は、雑居ビルにあるバーで起こったSFめいた事象を描くもので、テレビとテレビが「時間的ハウリング」を引き起こし、2分前と2分後がつながった、という設定になるようだ。

ヨーロッパ企画が長編映画を!!しかも時間もの!! 『ドロステのはてで僕ら(仮)』特報 youtu.be/N09Jtlj-gk4 @YouTubeさんから

すげー楽しみ!! 『ドロステのはてで僕ら(仮)』特報 youtu.be/N09Jtlj-gk4 @YouTubeより

◆『映像研には手を出すな!』(2020年初夏公開)

大童澄瞳によるマンガ「映像研には手を出すな!」の実写映画化が決定。乃木坂46の齋藤飛鳥が主演し、山下美月と梅澤美波も出演する。

原作は、虚実入り乱れた個性的な世界観と“最強の世界”を夢見てアニメ制作に情熱を注ぐ女子高生たちの青春冒険譚で、『ブロスコミックアワード2017』大賞、『俺マン2017』第1位、『マンガ大賞2018』ノミネートなど数々のアワードを獲得。

実写版のメガホンをとるのは、乃木坂46のメンバーが多く出演した『あさひなぐ』(17年)や『映画 賭ケグルイ』(19年)などを手がけてきた英勉監督。

『映像研には手を出すな!』アニメ化だけにとどまらず、実写化と来た。 これは楽しみが増えましたわ(*´ω`*) #映像研

映像研には手を出すなの作者の方乃木坂にも実写化にも愛があって楽しみがすぎる

◆『奥様は、取り扱い注意』(2020年6月公開)

綾瀬はるかと西島秀俊が夫婦役で共演した2017年のドラマ「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系)が映画化され、2020年6月に全国公開される。

元特殊工作員のちょっとセレブな専業主婦・伊佐山菜美が、主婦たちの抱えるさまざまなトラブルを次々に解決していくさまを描いた「奥様は、取り扱い注意」。菜美を綾瀬はるか、実は公安のエリートである夫・伊佐山勇輝を西島秀俊が演じた。

1 2