1. まとめトップ

萌えキャラは環境型セクハラ?『宇崎ちゃん』献血PRポスターで弁護士が炎上

日本赤十字が萌えキャラ「宇崎ちゃん」を献血PRに使用した。太田啓子弁護士がこのポスターを環境型セクハラだと指摘。

更新日: 2019年10月18日

2 お気に入り 10997 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

萌えキャラ「宇崎ちゃん」のポスターでセクハラ論争に

ある弁護士がポスターを『環境型セクハラ』と問題視した。

日本赤十字社が人気漫画「宇崎ちゃんは遊びたい!」とコラボした献血PRキャンペーンがネット上で大きな話題になっている。

巨乳キャラのヒロイン宇崎花が「センパイ!まだ献血未経験なんスか?ひょっとして……注射が怖いんスか~?」というセリフで献血を呼び掛けるもの。

投稿したユーザーは「日本では過度に性的な『宇崎ちゃん』を使ってキャンペーンをよく行ったものだ」などと指摘した。

これを神奈川県弁護士会所属の太田啓子弁護士が「日本赤十字社が『宇崎ちゃんは遊びたい』×献血コラボキャンペーンということでこういうポスターを貼ってるようですが、本当に無神経だと思います」とバッサリ。

「なんであえてこういうイラストなのか、もう麻痺してるんでしょうけど公共空間で環境型セクハラしてるようなものですよ」と指摘。

I admire the work the Red Cross does, which is why I’m disappointed that @JRCS_PR in Japan would run a campaign using the over-sexualized Uzaki-chan. There’s a time & a place for this stuff. This isn’t it. #women #metoo #kutoo pic.twitter.com/bhds7IPPTq

日本赤十字社 が「宇崎ちゃんは遊びたい」×献血コラボキャンペーンということでこういうポスターを貼ってるようですが、本当に無神経だと思います。なんであえてこういうイラストなのか、もう麻痺してるんでしょうけど公共空間で環境型セクハラしてるようなものですよ bs.jrc.or.jp/ktks/kanagawa/… https://t.co/43EpSlzHOp

とりあえず、日本赤十字社のお問い合わせ に意見を送りました、、、

セクハラには二つある!『環境型セクハラ』とは?

職場におけるセクシュアルハラスメント」には、「環境型」と「対価型」があると言われています。

「環境型セクハラ」とは、労働者の意に反する性的な言動により、労働者の就業環境が不快なものとなったため、能力の発揮に重大な悪影響が生じるなど、その労働者が就業する上で看過できない程度の支障が生じることです。

環境型セクハラとは、たとえば、男性社員が女性のヌードポスターを張るなどして、女性労働者の就業環境を害するようなセクハラがこれに当たります。

また、上司が労働者の体に触ることで、当該労働者の就業意欲が低下するような場合もこれに当たります。

日本赤十字社の回答は?

担当者は「今回のキャンペーンはあくまでも献血にご協力いただける方へのノベルティとし実施したもので、セクシャルハラスメントという認識は持っておりません」と回答した。

「献血の推進においては、これまでも多くのアニメ作品からご支援をいただき、好評と実績を得てきたことから実施しているものです」

「今回のようなご指摘については、真摯に受け止め、今後の参考とさせていただきます」と見解を示した。

太田弁護士はキズナアイでも炎上している

NHKがノーベル賞の紹介記事で、バーチャルYouTuberの草分けとして知られる「キズナアイ」を進行役として採用した。

それに対して弁護士の太田啓子氏がTwitterで「女性の体が性的に描写されアイキャッチの具にされている」との趣旨のツイートをして炎上。

そこに武蔵大学社会学部教授の千田有紀氏が「ノーベル賞のNHK解説に「キズナアイ」は適役なのか?ネットで炎上中」という記事をYahoo!ニュースに投稿し、その炎は広がっている。

NHKノーベル賞解説サイトでこのイラストを使う感覚を疑う。女性の体はしばしばこの社会では性的に強調した描写されアイキャッチの具にされるがよりによってNHKのサイトでやめて。このサイトで女性受賞者は少ないの?とか書いてるけどこれじゃ理由わかんないんだろう www3.nhk.or.jp/news/special/n… pic.twitter.com/JwekrmMJHT

ネットでは太田弁護士に様々な声

1 2