1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

危ない…子どもに「水害後の後片付け」をさせたらダメなワケ

水害後の片づけを子どもにさせたらダメだって知ってました?

更新日: 2019年10月18日

27 お気に入り 54615 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しました。

PINKMOMOさん

■東日本を襲った大水害

週末に日本列島を直撃した台風19号。この影響で全国37の河川で堤防が決壊し、各地で被害が広がっている

台風19号により東日本各地で大水害が起きています。この水害は、水害経験が浅い、もしくは水害経験がない地域に広がっていることが特徴的

長野県の各地でボランティアの受け入れが始まり、家屋などが浸水した千曲市で15日、ボランティアの学生らが片付けを手伝った

■このような水害の後片づけを子どもにさせたらダメ

総務省消防庁による十五日午前五時時点のまとめで、台風19号による住宅の床上・床下浸水は全国で少なくとも計約九千八百棟を超えた

疲れた様子で泥をかき出す長野市の穂保地区に住む人 その後片付けの際に注意が必要なことがあります

医師は「子どもを後片づけに参加させるのはやめるべきだ」と訴えています

■なぜダメなの?

また、周辺に工場などがある場合は有害な化学物質が入っているおそれもあり、子どもは大人と比べて影響を受けやすい

感染症や有毒物質に対して感受性の強い子どもを堤防などの掃除に関わらせるべきではありません。これは米国小児科学会も声明を出している

■もちろん、大人も注意しなければならない

成人もボランティアで関わる際には、手袋やマスクなどしっかり準備した上で参加していただきたい

避難所での生活は体力を奪い、多数の人が過ごしているため病気が広がりやすい。片付けなどの作業後、食事前、排便後は手を洗い、できるだけ加熱した食品を食べる

発熱、下痢、腹痛など身体の異常を感じた場合は、早めに医療機関を受診しましょう

■これらを踏まえたうえで後片付けする

床や壁、家具は水で洗ったり水拭きしたりして乾燥させる。下水が流れ込んだ恐れがある場合は消毒薬を薄めた液に浸した布で拭き、十分に乾かそう

水害で下水道などの汚水が流れ込むことで、細菌やカビの繁殖などが進み、感染症が発生する危険性もある。そのため、屋内外の消毒が大切

消毒薬は、過剰に使用すると体や環境へ悪い影響を与えることがありますので、必要最低限の使用をしてください

■消毒の注意点

(逆性石けん)10%使用濃度0.1%(薬液を100倍になるように水で薄める。)家具や床などの消毒に適しています。雑巾に浸して拭いてください

(家庭用塩素系漂白剤など)使用濃度0.02%(薬液を300倍になるように水で薄める。)飲食器具等の消毒に適しています。薬液に5分程度浸した後水洗いしてください

金属にはNGです。

アルコール系消毒薬(速乾性すりこみ式のものなど)使用濃度70%以上のもの(薄めずそのまま使用する。)手指等の消毒に適しています。乾燥した状態の手指に消毒液をつけてしっかりすりこんでください。

1 2