1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●アップルのワイヤレスイヤホン「AirPods」

アップルの完全無線イヤホンAirPodsの新モデルがいきなり発売されました。タップせず声だけでSiri起動、通話時間延長、接続先切り替え時間半減など。 待望のQi無線充電ケースと従来型ケースの二種類。Qi対応ケースは旧型AirPods用に単品でも買えます japanese.engadget.com/2019/03/20/air… pic.twitter.com/HXDgSnQnwu

・第2世代「AirPods」は、新開発のH1チップを搭載

アップル、第2世代「AirPods」。通話50%長く、ゲーム遅延30%低減。無線充電ケース av.watch.impress.co.jp/docs/news/1175… pic.twitter.com/0tZpNjjR6T

新開発のH1チップを搭載。より早くiPhoneに接続し、通話時間が前世代の50%長くなる。

またハンズフリーで「Hey Siri」と呼び掛けて、音声アシスタントのSiriを利用できるようになる。

・ バッテリーは、単体で5時間再生可能

●「AirPods Pro」を10月末に発売する可能性があると報道

・ノイズキャンセリング機能を搭載

台湾メディアの経済日報が、Appleはノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤフォン

・予想価格は8000台湾ドル(約2万8000円)以上とのこと

台湾メディア経済日報のサプライチェーン情報筋によると、新型AirPodsはインイヤー型を維持しつつ、

外装とデザインは大幅に更新され、予想価格は8000台湾ドル(約2万8000円)以上とのこと。

この価格で日本で販売された場合、ワイヤレス充電ケース付きのAirPods(第2世代)(税別22,800円)よりも6,000円ほど高くなる計算です。

・「AirPods Pro」は、ハイエンドモデルの位置づけ

現行の第2世代AirPodsも並行して販売され続け、「AirPods Pro」はハイエンドモデルの位置づけ。

ノイズキャンセル対応の新型AirPodsに関しては、iOS 13.2ベータから複数の手がかりが発見済み。

●ネットでは、この噂に様々な声が上がっている

1 2