1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

頑張ったね…人工ヒレのウミガメ「悠」が天国に旅立つ

きっと天国で元気に泳ぎまわっているはず。

更新日: 2019年10月20日

6 お気に入り 35597 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■”人工ヒレ”のウミガメ「悠」が天国に旅立った

神戸市立須磨海浜水族園は18日、両前肢の一部を失い人工ヒレで泳いでいたアカウミガメの雌「悠」が死んだと発表した。

■悠とは

2008年6月に紀伊水道で保護

2008年6月25日、紀伊水道で両前肢の欠損したアカウミガメが漁網にかかり、保護された。

サメの襲撃により両前肢(前ヒレ)を失っていた

保護される直前にサメに襲われたとみられ、腹部にも幾つかのサメの歯型とみられる怪我を負っていた。

一命こそ取り留めたものの、遊泳能力はほぼ失われた

さらに、遊泳速度が6割程度しかなかったため、通常のように海へ放流はされず、神戸空港島の人工池や同園で保護されてきた。

■そこでスタートしたのが「人工ヒレ開発プロジェクト」

専門家を招集し、試行錯誤を重ねた

沖縄美ら海水族館のハンドウイルカ「フジ」への人工尾びれを開発した関係者、ウミガメの専門家らを招集し、試作を重ねた。

■そして再び泳げるように…

水槽の中を再び泳げるようになり、このプロジェクトは絵本にもなるなど大きな注目を集めた。

■健康状態が悪化したのは9月中旬

死因は調査中

今年9月中旬から健康状態が悪くなり、バックヤードの水槽に移して治療を行っていたが、同月26日に死んだ。

1 2