1. まとめトップ

【安田章大】舞台「忘れてもらえないの歌」(10/20/東京5日目〜7公演目)レポ ※ネタバレ回避可

安田章大 舞台「忘れてもらえないの歌」(10/20/東京5日目〜7公演目)レポまとめ

更新日: 2019年10月21日

1 お気に入り 1515 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

安田章大 舞台「忘れてもらえないの歌」レポ〜〜勝手ながらツイ拝借させて頂いた皆さん。まとめ記載が困られる方は遠慮なくご一報ください。ありがとうございます。

kj8fanさん

<<東京:TBS赤坂ACTシアター>>
2019年10月15日(火)〜30日(水)
(14日/18公演)

<<大阪:オリックス劇場>>
2019年11月4日(月)〜10日(日)
(6日/9公演)

10/20(日)〜東京5日目〜7公演目

【忘れてもらえないの歌東京10/20】 カテコ1回目出てくるときいつも演者の皆さんに拍手しながら来るけど、今日は音がとても大きかった。今日は一段とやすくんの演技が輝いてたので彼こそ拍手をもらうべきだけど、まず自分じゃなくカンパニーに拍手をするところが、やすくんを好きで尊敬できるところ。

【忘れてもらえないの歌東京10/20】 カテコ2回目、昨日はやすくんが裏打ちの手拍子して福士さんに修正されてたけどw、今日は福士さんが裏打ちしてやすくんに見て見て!ってやってたwやすくんも真似しようしたけど福士さんとバトルみたいになって、めっちゃガシガシ早く叩いて全然音楽に合ってなかったw

赤坂ACTシアターで『忘れてもらえないの歌』。良かった。不思議なタイトルだなぁと思っていたんだけど、最後にその意味が分かった。『俺節』の時もそうだけど、安田さんが歌うと胸がはち切れそうになるのは何故だろう。 てな訳でオニヤンマのバラちゃんと曽根川の航さん、謎の中国人のザンさんと。 pic.twitter.com/gQM57uPAdY

今日はバラさん出演の舞台「忘れてもらえないの歌」を赤坂ACTシアターで観劇!!!!見終わった後の満足感と、いい意味でかき乱されまくった気持ちを言葉に出来なくて「やべぇ」としか出なかったな… バラさんが本当に素敵だったな…❤ バラさんと福士誠治さんと終演後にお写真撮っていただきました! pic.twitter.com/aK2dMMw2F0

先日、『#忘れてもらえないの歌』を観てきた。 つい先週までアメリカのローウェルだった劇場は戦後の日本になっていた。 俳優の歌とはこうあるべき!と改めて思い知らされた。 言葉なんか関係なく、声が、音色が心を鷲掴みにして震わせる。 素晴らしかった! wasureuta.com pic.twitter.com/ameDNlY1f0

#忘れてもらえないの歌 めちゃくちゃ良かった…!決してハッピーエンドではないし、戦中戦後を生きた人達の話だから背景も明るくはないんだけど、クスっと笑えるところもあってほんとにあっという間の3時間半だった。やすくんの弾き語りも最高だったな…

初日は前髪(横髪?)が下向いたりしたときにパラッとなってたけど、今日はぴったりぺったりばっちり後ろに固めてたよ滝野くん

忘れてもらえないの歌を見てきた。 ずーんと来る重いお話でした。

忘れてもらえないの歌 最高 最後切ない、、、 たくさん笑った

忘れてもらえないの歌の観劇回数重ねるたびにどんどん泣く回数が増える。。。初日はカテコしか泣かなかったのに、今日は途中何回か泣いたし最後鼻水垂れたくらい泣いた。。。これ千秋楽は最初から最後まで号泣じゃないの。。。←

忘れてもらえないの歌。 ストーリーに関係のない音楽ネタだけポツポツ呟いていこうかと思うんですが。 とりあえず、戦後のジャズメンのお話だけど、音楽についての予習はいらない作品だなぁと思いました。 知らなくても聴いて味わえるように戦後のジャズと歌謡曲への歩みが描かれているから。

忘れてもらえないの歌。 楽器を持たないバンドがジャズを奏でようとした時、全員が鳴らしたリズム(チーッチッチ・チーッチッチ)はジャズの基本中の基本であるシンバルレガート。そこにベースが乗せた「ボン・ボン・」は最もシンプルな2ビート。 基本の基本、からバンドが始まるのが凄くいいなぁと。

もう六本木に移動してきたけど・・・ 忘れてもらえないの歌、観劇終了っ☆ 桑原さんがめっちゃ良かった(*^^*)

忘れてもらえないの歌。 タイトルが腑に落ちた。 生きるために必死にもがく描写が 時代ごとに丁寧に描かれてた。 ネタバレはしたくないので これだけで。 #忘れてもらえないの歌 #安田章大 #福士誠治 #中村蒼 #佐野晶哉 #木竜麻生

「忘れてもらえないの歌」ってタイトル長いし、どういう意味だろう?って思ってたけど最後に理解して、感動。

忘れてもらえないの歌。佐野晶哉くん、お芝居も歌もほんとにとっても良くって、うまいながらにまだ少年のあどけなさが残る初々しい姿に、12年後はどんな顔で演じどんな声で歌うのだろう、と思ってしまった時点で、もうだいぶ心惹かれてるのをあらためてまざまざと実感した。BIGLOVE。

「忘れてもらえないの歌」舞台を見ると本当の意味が分かる……悲しい…

忘れてもらえないの歌 タイトルの意味がとても切ない

わたしにとってはただ悲しくて滝野を救いたいだけの舞台だったのが他の人の意見を見てそういう見方もあるのかと思った だからヲタクは楽しい

#忘れてもらえないの歌 この芝居で #安田章大 さんを知った私ですが彼に魅せられた。哀愁漂う人のいい感じ、辛い時に必ず笑ってしまう感じがナチュラル過ぎて芝居なのか本人の性格なのか。共演者にとても愛されているのも凄く伝わってきた。いい座長なんだろうと思う。続く

#忘れられないの歌 観劇前は変なタイトルだと思ったけど観劇後の今はこのタイトルが愛おしい。やっぱ福原充則作品にハズレなし!完全に商業演劇の分類されると思うけど、いい意味で小劇場魂忘れてない感じと安田章大という大物を活かす感じのバランスが絶妙すぎて尊敬しかない。続く

#忘れてもらえないの歌 唯一の悪い役、村上航さん。航さんも忙しく、特高からドラマーとして唐突加入、そして脱退、からの売れっ子のマネージャーで詐欺師。なのにアンサンブル的に色々と出てて。動きも激しいし、憎たらしいし、面白いし最高でした。安くんファンの人嫌いにならないで下さい。続く

#忘れてもらえないの歌 オニヤンマ役はKAKUTAの桑原裕子さん。今回も鉄板の面白さ。混乱の中男達の中を逞しく立ち回る。彼女にぴったり。ひとりごとのようなアドリブのような一言でどんな劇場でも笑いを取るのって最強のコメディエンヌだと思ってる女優さん。そして脚本も書けて演出もできちゃう。続く

1 2 3 4