1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『同期のサクラ』も!見逃してない!?視聴率一桁でも面白い「秋ドラマ」

ドラマの視聴率=作品の質ではないけれど、10%を切っただけでネットで叩かれるのが最近の傾向。とはいえ、視聴率一桁でも評価されている作品も多い。2019年秋ドラマの中から『G線上のあなたと私』、『同期のサクラ』、『俺の話は長い』。

更新日: 2019年11月12日

10 お気に入り 88859 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆バイオリン教室の人間模様を描いた『G線上のあなたと私』

いくえみ綾原作のコミックを波瑠主演、中川大志、松下由樹、鈴木伸之らでドラマ化する「G線上のあなたと私」が10月15日から放送開始。

「G線上のあなたと私」は寿退社間近に婚約を破棄された元OL・小暮也映子が、“酔狂で”と通い始めた大人のバイオリン教室で繰り広げられる人間模様を描いた物語。

初回平均視聴率が7.8%だったことがわかった(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

・メイン3人のキャスティングがハマり、掛け合いが絶妙

左から波瑠、松下由樹、中川大地

波瑠の演技は主人公・也映子のキャラクターも相まって、実に清々しくサッパリとした印象。いい意味で肩の力が抜けた自然体な雰囲気に、共演者たちもリラックスして、コミカルな掛け合いを見せている。

人の内側へ内側へとジリジリと掘り下げていく、いくえみ綾漫画らしさはしっかりと感じられながら、軽やかな会話劇が火曜の夜に見るドラマとしてはちょうどいい心地よさ。

「波瑠・松下由樹・中川大志って組み合わせ考えた人天才では?」とキャスティングの良さを讃える投稿も見られた。

『G線上のあなたと私』 波瑠ちゃん×松下さん×中川君の掛け合いが可愛さもあって面白い!松下さん演じる幸恵さんが明るくて気さくだけど,ケンカを治めてくれる頼もしさもあって友達になりたいなと思った #G線上のあなたと私 pic.twitter.com/RV8wJ1ahKe

G線上のあなたと私。キャスティングが魅力的すぎる。「普通」が似合う波留、コメディ経験豊富な松下由樹、若さと実力とトンガリを備えた中川大志。可愛い先生と妙齢のオトナの顔がいい桜井ユキ、糞がつくほど爽やかな鈴木伸之、滝沢カレンの役どころも面白い。キャストだけで見ようと思えた

G線上のあなたと私 いくえみ綾さん原作だからか、話がよく、キャラが粒立ちしている。キャスティングもうまくいっているのだろう。おばさん気味な女性二人と、中川大志さん演じる十代生真面目男のバランスが良い。おそらく一方の極、内実とても暗い、桜井ユキさんも存在感がある。

◆高畑充希が忖度できない主人公を演じる『同期のサクラ』

高畑充希が遊川和彦と再びタッグを組み「過保護のカホコ」の制作チームが再集結しておくる「同期のサクラ」の第1話が10月9日放送。

忖度できない主人公・北野サクラ(高畑)が駆け抜けた2009年からの10年間を毎話1年ずつで描いていく。 第1話の舞台は2009年。花村建設の新入社員・サクラは、新人研修で同じ班になった同期の百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)と共に、配属先の決定に影響する課題に取り組むことに。

初回平均視聴率が8.1%だったことが10日、わかった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

第2話は9.5%

・同期5人の人物造詣をはじめ、脚本・演技・演出ともに見事

遊川和彦さん(『家政婦のミタ』『過保護のカホコ』など)の脚本は、ヒロインのサクラだけでなく、他の4人のキャラクターを一人一人丁寧に造形していて、見事でした。

怒鳴り散らしていた百合は迫力がありすぎて、ネット上には「橋本愛、迫真の演技じゃん」「演技うますぎてビビる」といったコメントが寄せられていた。

遊川さんによる重層的なオリジナルストーリー。高畑さんのサクラをはじめ、登場人物たちの興味を引くキャラクターと的確な演技。さらにテンポのいい演出と、よく練られた映像設計。

普段は元気なんだけど心優しくて板挟みになって苦しんでる姿の演技が絶妙だった竜星涼 #同期のサクラ #竜星涼 pic.twitter.com/R3lLKgGSJj

「同期のサクラ」は今期ドラマの最高傑作になると思う。まだ他のドラマが始まっていないのにそう思うのは早過ぎると思われるかも知れないが、主人公のサクラの圧倒的な人物設定で画期的なドラマを作り出した。見ている僕は熱い感動の涙を何度も流していた。今は稀有となった夢を与えてくれる主人公だ!

#同期のサクラ 今週も最高でしたありがとうございます!!こんなに人間の、人生のドラマを抉り出す作品を観れて本当に幸せです。脚本の素晴らしさはもちろん、俳優さんの力、そして最高の状態に見せる演出。このチームを集めているであろうプロデューサー。エネルギーいただきました。頑張る!!

◆生田斗真のホームコメディ『俺の話は長い』

1 2