1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

鎖につながれて虐待…ナイジェリア寄宿学校の実態に衝撃

日常的に鎖につながれて虐待を受けるなど、ナイジェリアのひどすぎる寄宿学校の存在が明らかになりました。

更新日: 2019年10月21日

7 お気に入り 58437 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しました。

PINKMOMOさん

■ナイジェリア

ナイジェリアは、西アフリカに位置する連邦制共和国。イギリス連邦加盟国。およそ1億9000万人の人口はアフリカ最大であり、世界でも第7位に位置する

経済規模はアフリカ屈指。1950年代にニジェール川デルタ一帯と大陸棚で石油が発見され,輸出の約 9割を原油を中心とした鉱物燃料が占める

石油・スズ・落花生・油ヤシ・カカオ・天然ゴムなどを産する。首都アブジャ。住民はスーダン系黒人。主要言語は英語・ハウサ語

■このナイジェリアの「イスラム教の寄宿学校」で拷問が行われていたことが明らかに

成人男性や未成年の少年らが「コーラン(イスラム教の聖典)について教え、矯正するという名目で、最も劣悪かつ非人間的な環境」に置かれていた

寄宿生全員は鎖につながれた状態で発見され、殴打されていた。その中に女性22人が含まれており、その一部は性的虐待を受けた

イサ・イブラヒムさん(29)はBBCの取材で、「祈っていれば殴られた。勉強していても殴られた」と話した。

■この寄宿学校はどのような学校なのか?

現在70代後半になるイスラム指導者が40年前に創設したもので、後にこの創設者の息子が運営を引き継いだ

生徒らはイスラム教の聖典「コーラン」を学ぶためだけでなく、薬物中毒の更生のために同学校に寄宿していた

薬物依存症になった子どもの親たちは仕方なく、事実上の矯正施設となっているイスラム学校へ子どもを入学させるが、学生たちはそこで虐待の対象となっている

■日常的に様々な虐待を受けていた

多くが手や足を鎖でつながれた状態で、中には、背中などに大きな傷がある少年も

食事を取り上げられ、食べ物にはコメが与えられただけだった。施設に閉じ込められている人たちは、「動く元気を全部失っていた」

■このような施設の摘発が相次いでいるという

警察は、強制捜査中に辛うじて逃走した学校経営者と教員らは必ず逮捕され、「法の最大限の報いを受ける」だろうと述べた

「子どもを拷問したり、今回目にしたような悲惨な状態の施設を見つけた場合は、訴追する」ナイジェリアのムハンマド・ブハリ大統領も、衝撃的な虐待を非難する声明を発表

真相は今後明らかになっていくものと見られるが、それにしてもこのような学校が10年間も運営されていたとは恐ろしい。生徒らの傷が一刻も早く癒えることを願いたい

■日本からもショックの声が

鎖で拘束された少年ら約300人保護 ナイジェリアの神学校 言葉にならないな。 www3.nhk.or.jp/news/html/2019…

魔物が経営してたんだな。 ナイジェリアのイスラム学校から300人救出 虐待被害、「拷問部屋」も(AFP=時事) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-…

1 2