1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『まだ結婚できない男』だけじゃない!「建築家」が登場するマンガ

阿部寛主演『まだ結婚できない男』が好きな人におすすめ。「建築家(建築士)」が登場するマンガ7作品。『コミンカビヨリ』、『パーフェクトワールド』、『匠三代』、『探偵ゼノと7つの殺人密室』、『ウソ婚』、『数寄です!』、『そろそろ家の話をしましょう。』。

更新日: 2019年12月10日

10 お気に入り 4696 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『コミンカビヨリ』(高須賀由枝)

老後に飢え死にしないために、築80年超の古民家を購入したアラサー独身イラストレーターの萌。古民家オタクの一級建築士・池内くんの出現で、萌の日常が激変!瀬戸内を舞台に繰り広げられる、ラブとサバイバルの行方は……?

高須賀由枝の新刊「コミンカビヨリ」がとてもイイ。作中で建築士の男が勘違いしてるようにヒロインが古民家に住む理由を「オサレ女子のロハス生活」と思いきや何とも切実な事情がw 正統派少女マンガと庶民的な杞憂をいったりきたりするヒロインがとても良いのです、オススメ(´∀` )

突然のマンガの感想。「コミンカビヨリ」読んだ!すっごくおもしろかった♡一級建築士って響きだけでキュンキュンきてたwそして高須賀先生のマンガはほのぼのな雰囲気が大好き(n´v`n)アットホームな感じ♡

◆『パーフェクトワールド』(有賀リエ)

インテリア会社に就職した川奈つぐみ(26歳)は建築会社との飲み会で、高校の時の同級生であり初恋の人・鮎川樹と再会する。樹にトキメキを覚えるつぐみだったが、彼は車いすに乗る障害者になっていた。「樹との恋愛は無理」。最初はそう思うつぐみだったが……。

推薦図書 「パーフェクト・ワールド」全9巻 著者/有賀リエ 事故で車椅子生活になった建築士の青年と、同級生だった女性との 純愛物語。 「好きならそれだけでいい」というわけにはゆかない現実の厳しさを 教わりました。ヒロインの揺れ動く心情を見事に現した恋愛模様に 引き込まれます。

①パーフェクトワールド/有賀リエ インテリアデザイン会社に勤めるヒロインと、10年前の交通事故により身体障害者(脊椎損傷)となった一級建築士で高校時代の同級生との関係を描く恋愛漫画。 障がい者本人やその周囲の人間の精神的な不安や問題がリアルに描写されていて切ない 10巻早く読みたい。 pic.twitter.com/sX3qnCnmVD

◆『匠三代』(原作:倉科遼 作画:佐藤智一)

江戸情緒がそこかしこに残るこの下町に幸せを招く家づくりをする小さな工務店がある。その名は、小野寺工務店。腕利きの親子三代が家づくりを手がけるその工務店はどんな家の悩みも解決してくれると地元でも評判で、細々とだが客が絶えることはない。

オリンピック、今日本で開催するな!って話は、 小学館『ビッグコミックスペリオール』で連載していた『匠三代』って漫画を読むと良く判る。 大工さんと、建築士の話。 ファミリー物のほんわか漫画だったのに、オリンピックに関しては明確に否定してきて驚いた。 いい漫画です、ぜひ。

私の好きな漫画に匠三代いう漫画があります。 東日本大震災をテーマにしています。建築士として考えさせられてしまいました。 ぜひ読んでみてください

◆『探偵ゼノと7つの殺人密室』(原作:七月鏡一 作画:杉山鉄兵)

あらゆる難事件を解決してきた探偵・ゼノ。だが彼は自分が「何者」か分からない記憶をなくした名探偵だった!ゼノの記憶の鍵を握るのは、闇の顔を併せ持つ高名な建築家・甲斐七楼!甲斐は自らが設計した完全犯罪が可能な7つの殺人密室を解き明かすようにゼノに依頼。

「探偵ゼノと7つの殺人密室」1読む。 新米殺し屋・D坂エイラは初仕事の日、探偵・ゼノの事件と偶然遭遇。しかしそれをきっかけに、狂建築家・甲斐七楼の遺した7つの完全犯罪用建造物「殺人密室」を巡る物語に巻き込まれていくーー という脳汁出る単語ドバドバの漫画。とりあえず1巻超面白かった! pic.twitter.com/6bjPLJJtUY

「探偵ゼノと7 つの殺人密室」1~4/杉山鉄兵、七月鏡一/少年サンデーコミックス 或る建築家の館が次々と密室殺人の装置として機能して少年探偵が巻き込まれていく。 探偵の癖の強さ、大観衆のなかの事件、因襲の残る島と童歌やらといった設定もだが、それ以外も正統派の古きよきミステリ感が強め。

◆『ウソ婚』(時名きうい)

派遣女子・八重は、29歳にして家と職を同時に失い、途方にくれる。そんな八重の前に現れたのは、幼なじみの匠。イケメン建築家として成功を収める匠は、八重を都心のタワーマンションに無償で住まわせる代わりに、彼の“嘘の結婚相手”を演じろ と言ってきて…!? 。

#ウソ婚 #時名きうい 先生 待ちに待った単行本化(。>ω<。) 派遣で働く八重と一級建築士の匠の幼なじみな2人が街で偶然再会して、偽装結婚するお話☺ たっくんがドSエリートでめちゃくちゃかっこいい(*´˘`*)♡ 八重も可愛くて、おすすめな作品です( ᵕᴗᵕ )♥ pic.twitter.com/EQD8ip0abs

ウソ婚読み直して匠くんみたいな幼なじみが欲しくなりました。。。私にも一級建築士の金持ちイケメン幼なじみ(cv木村良平)をください。

◆『数寄です!』(山下和美)

数寄屋建築をめぐる著者初のエッセイコミック!建築家・蔵田徹也氏との運命的な出会いにより「和」の心に目覚めた山下和美は東京都内に一戸建ての数寄屋を建てようと思い立つ―― 。

加古川の瓦屋根工事店の岡さんの投稿で知った、漫画エッセイ「数寄です!」に夢中です。作者の山下さんの日本の和の文化に対する想いがステキ。そして瓦関係の方にぜひ読んでいただきたいのは、建築家の蔵田徹也さんのコラム。こんなにも瓦を愛してくれる建築家さんがいます。特に3巻は必読です。 pic.twitter.com/zjn5KpTh9l

二冊目は数寄です!漫画家山下和美が和に魅せられた若手建築家と数奇屋作りの邸宅を都内に建てるまでの実録漫画。と言っても一巻目は土地を購入するまで。作者の物件遍歴にまつわる苦労話が合わさってメチャクチャ面白い。世田谷にこだわんなかったらもっと簡単だったんだろうに…とも思った。

1 2