1. まとめトップ
1 お気に入り 2917 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moruzibu21さん

大成功で幕を閉じたラグビーW杯。

組織委員会も国際統括団体「WR」も予想しなかったほどの盛り上がりを見せ、試合中継ホスト局の日本テレビ(NTV)は「今年最大のうれしい誤算」と笑いが止まらない。

大きく知名度を上げたのがウェールズ。

W杯日本大会で日本テレビ系が29日に生中継した1次リーグD組の大一番、ウェールズ対オーストラリア(午後4時30分)の平均視聴率が、10・2%(関東地区)だったことが30日、ビデオリサーチの調べで分かりました。#RWC東京 #RWC2019 #AUSvsWAL nikkansports.com/m/sports/rugby…

ウェールズすごいね ところでウェールズってどこにあるのかな? ヨーロッパ?だよね 勉強不足でわかりません

ラグビー観ている方! ウェールズって?何処??って思ったアナタ、仲間です! 会場1分弱で点入れてたよー イケメン多いな… #ラグビーW杯 pic.twitter.com/jsN6ibJyut

ウェールズは英国西部に位置し、その国土は幅96km、長さ256kmに及びます。面積は日本の四国とほぼ同じくらいで2万720kmになります。

今日、国営のテレビ・ラジオ局では、番組をウェールズ語で放送し、また道路標識にはウェールズ語・英語の両方が表記されております。ビジネスの公用語としては英語が活用されておりますが、ウェールズの小学生はウェールズ語の授業を勉強しております。

てかウェールズの国旗がユニオンジャックに入っても良いともう pic.twitter.com/P0DQA683vX

ウェールズは、1536年の合同法(英語版)による統合から長らく、単一の国である「イングランド王国」、或いは、イングランドおよびウェールズの一部として扱われ、連合王国の中でもスコットランドや北アイルランドと事情が異なった。

イギリスの国旗にウェールズの国旗だけが含まれていないのは、そういう事情がある。

準決勝、南アフリカ対ウェールズ戦の視聴率は、開幕戦の日本対ロシア戦とほぼ同じだった。

日本ーロシア戦の視聴率は「実質的に日本代表史上最高になった」とラグビー協会幹部。地上波の日テレの18.3%に加え、BSのNHKの視聴率は約3%だそう。合計すると前回サモア戦の19.3%を超えます。地上波で中継された他2試合の視聴率も中継局側の想定を上回ったそうです。(笹津敏暉撮影)#BRAVEを届けよう pic.twitter.com/ftrXz7eQa3

【熱視線】ラグビーW杯「ウェールズ―南アフリカ」平均視聴率19.5% news.livedoor.com/article/detail… 瞬間最高視聴率は午後7時51分に記録した26.9%だった。試合は南アがウェールズを破り決勝進出を決めている。 pic.twitter.com/vSraK4HJZf

ポツンと一軒家 20.7% テレ朝 ラグビーワールドカップ19.5% 日テレ フィギュア 15.8% テレ朝 日本が敗退しても、この高視聴率は本当にすごい。 ラグビーの面白さにハマった人が増えたって証明だね。実際、昨晩の試合は最高に面白かったもんなあ。 #RWC2019 twitter.com/livedoornews/s…

事前キャンプ地の北九州市を中心に交流が探まった。

試合後に観客席を一人で周ってくれた ウェールズのダン・ビガー ナイスガイすぎるわ もう来週の決勝終わったらどうすんのこれ ロス過ぎて西海岸だわ #ラグビー #RWC2019 pic.twitter.com/bhWvrWpfgW

ウェールズは敗戦後、スタンドにお辞儀をして回りました。ジョーンズ主将は「北九州での合宿には1マンション5千人が練習に来てくれた。日本の皆さんに感謝の気持ちをあらわしたいとお辞儀をしていた。台風の後にもこうした試合をさせてくれて、お礼をしたかった」と話しました。#RWC2019 #WALvRSA https://t.co/kfhsFepfBx

変な変換がありました…。「1万5千人」です。申し訳ありませんでした。それにしても、練習でこんなに集まった北九州、すごいです。 https://t.co/dYOCXwpKNO

公開練習では、グラウンドに出てくる選手をウェールズ国歌「Land of My Fathers」(ランド・オブ・マイ・ファーザーズ)で歓迎するサプライズが。

続いてウェールズ代表の応援歌でもある賛美歌「Calon Lan」(カロン・ラン)も歌われた。

ウェールズラグビー協会のパフォーマンス・ディレクターであり、元代表キャプテンのライアン・ジョーンズ氏(代表75キャップ)は公開練習後、「これまでのラグビーキャリアでこのような経験をしたことは一度もなかった」とメディアに感動を伝えていた。

歌唱に優れ「歌の国」とも呼ばれるウェールズ。代表チームが歓迎の様子を公式SNSで公開すると、感動・賞賛の大反響が巻き起こった。

「北九州はウェールズ国民にとって、特別な場所になりました。ありがとうございました」。

ウェールズのラグビー協会が2日、ラグビー・ワールドカップ(W杯)で代表が事前キャンプを張った北九州市に対する感謝のメッセージを、毎日新聞朝刊(西部本社)に一面広告で掲載した。

1 2