1. まとめトップ
  2. カラダ

この記事は私がまとめました

Ohyukinaさん

目の下にできるクマは、「青クマ」「黒クマ」「茶クマ」の主に3つのタイプに分けることができます。

少しでも元気に若々しく見られたいというのは誰もが思うことですが、目の下にクマがあるとどうしても疲れて見えてしまうので気になるところです。

目の下のトラブルは主に黒グマ、青グマ、茶グマの3種類ありますがそれぞれ原因が異なるので、まずは自分の状態を把握することが大切です

●青クマ

さらに紫外線によって色素が沈着してしまうこともあるので、とくに夏は目の下も紫外線対策をきちんとするようにしましょう。

●黒クマ

目の下が黒く見える黒クマ。しかし、本当に肌が黒くなってしまっているわけではありません。その正体は実は目の下にできた影が原因で目元が黒く見えてしまいます。

ひとつは目元にハリが失われることが原因で皮膚にたるみが見られるようになり、目の下が膨らんで影をつくってしまう状態です。

もうひとつは眼球を保護している眼窩脂肪(がんかしぼう)が加齢などによる靭帯や筋肉のゆるみで目の下に押し出されることが原因となり、膨らみをつくって影を出現させる状態です。

●茶クマ

茶クマというのは、摩擦やメイクの汚れによる色素沈着によってできてしまったクマのことです。

紫外線によるシミや皮膚の新陳代謝の低下、血行不良などを放置したうえ、目をこするクセがあるなど慢性的な炎症が原因になるそうです。

また、メイクを落とす時に他の部位のクレンジングと同じようにアイメイクまで落としてしまうと、落とし残しが起きやすくなったり負担がかかりやすいです。

3種類のクマの簡単な見分け方

「青いようにも見えるけど、黒っぽくも紫っぽくも見える・・・」「茶なのか黒なのかわからない」等、自分のクマタイプがわからずに困っている人も多いのではないでしょうか?

目の下の肌をやさしく引っ張ってみてください。色が少し薄くなるときは青くまと考えられます。

光に当てたり上を向いた時に薄く目立たなくなるタイプのクマが黒クマ(黒いクマ)です。

自分のクマのタイプが分かったら、正しいケア方法を見ていきましょう。

青クマの原因のほとんどは血行不良のによるものなので、しっかりと血行不良の症状を改善することで解消されます。

蒸しタオルなどで目そのものを温める、目の周りをマッサージするといった対策のほか、鉄分を補給することも効果があります。

寝不足、身体の疲れ、冷え性、ストレス、喫煙など思い当たることがあれば対策を心がけて下さい。

適度な運動をしたり、お風呂にゆっくり浸かることを習慣にして全身の血流を促すことも大切です。

1 2