1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

shibaryoさん

1.ロボット教室の効果

子どもの習い事としてロボット教室やプログラミング教室を検討している方がかなり増えてきました。習わせたいランキングでも英会話に次いで2位となっています。

ロボット教室とは、ロボットを組み立てる習い事です。
ブロックやモーターを組み合わせて、様々な動きをするロボットを作ります。基本的にはそれだけです。これだけ聞くと、子どもは楽しんでやりそうですが、いったいそれで何が身につくのでしょうか?

確かに、他の習い事(水泳や習字など)のように効果が目に見えるものではありません。
『ロボット教室に通うと「論理的思考力」「空間認知力」「問題解決能力」が身につきますよ』と言われても、正直ピンとこないですよね。

ロボット作りを通して、ものの仕組みを理解し、集中力を養い、創造力を豊かにし、自分で考える力を身につけていくのがロボット教室です。まさに「プログラミング的思考力」を身につけることに繋がっていきます。

ブロックを使い、試行錯誤しながらイメージを形にする作業を繰り返すことで
発想力が身につきます。また、作ったロボットを自分なりに応用させていくので、応用力や発想転換力も身に付きます。

「こんなロボットを作りたい」と、頭の中のイメージを形にできるようになると、自然と空間認識能力が高まります。空間認識能力とは、「目にするものを立体として捉える力」のことです。地図を使って道案内をするときなど空間認識能力が必要ですよね。

ロボット教室の上級者クラスになってくると、ギアやモーターといった動力の仕組み、さらに「てこの原理」や「摩擦の力」といった理科の知識を、ロボット製作を通して体感しながら学ぶことができます。

「こんなロボットを作りたい」「こんな感じで発展させたい」と目標を持って作業することで継続力、集中力、目標達成力が身に付きます。

同じクラスの仲間と一緒に切磋琢磨することで、協調性が身に付くことに加えて、「もっと速く走らせるには?」「もっと力を強くするには?」と楽しみながら競争心を育てることができます。

2.ロボット教室とプログラミング教室の違い

ロボット教室とプログラミング教室の1番大きな違いは、授業内容(何をプログラミングするのか)です。

ロボット教室は、その名の通りロボットを作ることがまず第一。その後、イメージ通りの動きをロボットにさせるために様々なプログラミングを行っていきます。使用する道具はロボット用のブロック、プログラミングに使うタブレットやパソコンです。

プログラミング教室では、パソコンのみを使用します。プログラミングを利用し、画面上でゲームのキャラクターをデザインしたり、動かしたりします。

ロボット教室では、ロボットを作ることに加えてプログラミングも学ぶことができます。
つまり、「モノ作りとプログラミングの両方を学べる」点が魅力の教室です。

ロボット教室もプログラミング教室もプログラミングをやるという点では、論理的思考・発想力・創造力・集中力・問題解決力などが育つとされています。

各教室ごとに独自の教材や指導スタイルをとっているケースも多いので、実際に体験などを通して子どもに合う教室を選ぶようするといいと思います。ちなみに、最近人気がでて教室数も増えているのが「ロボット教室」の方です。

ロボット教室もプログラミング教室もプログラミングに触れることは同じでも、ロボット教室の方が子供にはなじみやすいのかなと思います。画面の中の世界だけではなく、実際の世界で自分の作ったロボットを動かす方が断然楽しいし、達成感があると思います。

はじめはロボット教室で基礎的なスキルを身に付て、そこでプログラミングにも興味をもったら、プログラミング専門の教室に通わせてあげる。こんな通い方が理想なのかもしれません。

3.教室選びに注意すること

ロボット教室にとにかく一度通わせてみるかとなったものの、月々の費用が負担になってきたという理由があります。

中学生や高校生にもなれば1人で通える可能性もありますが、小学生や幼児のうちは、保護者が送り迎えをしないわけにいきません。遠くて送迎が大変になり、ロボット教室を辞めてしまうケースは少なくないようです。

どれだけ評判が良くて、どれだけ人気で、どれだけ有名であっても、通える場所になければどうしようもないのです。まずは家から通えるロボット教室を探しましょう。

授業についていけなくなった子どもは、ロボット教室への関心を失ったり、それ以上ストレスをかかえたくなくなって通いたがらなくなることがあります。授業中に明らかについていけない場合、教室で過ごしている時間も無駄になる上に子ども自身が苦痛です。

4.失敗しないロボット教室選び

子どもは文句も言わずに通っているけれど、本当にためになっているのかわからないというケースもあります。ロボット教室に通うことが役立つか役立たないかの判断は、難しいところです。

1 2 3