1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

幼児保育無償化の開始で浮き彫りになった深刻すぎる問題点

幼児保育無償化が10月よりスタートしましたが、その開始で浮き彫りになった問題点があるようです。

更新日: 2019年10月24日

22 お気に入り 175794 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しました。

PINKMOMOさん

■幼児保育無償化がスタートした

10月1日から増税とともに、その使い先として、3歳から5歳までの幼稚園、保育所、認定こども園などの利用料が無償化となる

対象となるのは、幼稚園・保育所・認定こども園を利用する3〜5歳と、市民税非課税世帯の0〜2歳

認可外の保育施設についても、自治体が認めた場合、無償化の対象となる。

■その内訳

無償化の上限は、幼稚園については月額2万5,700円まで。また、住民税非課税世帯の0歳から2歳までの子どもの利用料が無償化

秦野市では、認定こども園・認可保育所・地域型保育事業・公立幼稚園について全額が無償化される

認可外保育施設は5年間に限って保護者の就労や介護など、保育の必要性が市町村から認定されれば、3万7000円を上限に補助

その他、細かく設定されているので気になる方は自治体に問い合わせてみてください。

■この改革に大きな問題が…。保育士の処遇が改善されていない

今、保育士不足は深刻だ。人材不足の原因としては、保育士の労働環境の悪さや賃金の低さなどが指摘されている

保育所不足が言われて久しいが、今よりも入園競争が激化し、運良く入れた世帯と入れなかった世帯の格差が大きくなる

保育の質を確保できるかどうかも問題だ。保育士の配置が厚生労働省が定めた基準以下の認可外施設も、五年間は無償化される

■だから保育所が増やせない

保育士の処遇があまりにも低いことによって、なり手がいない。だから保育園を増やせない

保育士の平均給与は2015年実績で年323万円。仕事の重要度の割に低賃金で、長期間勤務や劣悪な労働環境も指摘

■よって待機児童が解消されない

それによって待機児童問題が起きている。それなのに、なぜ無償化が先にくるのか

無償化によって園児が増えれば、またこれの悪循環。次は保育士さんの待遇を上げてやりたい。

■保育所に通わせる人が急増するという懸念も

保育所の利用料は、認可保育所なら全額無償、認可外保育施設なら月額3.7万円まで助成される。一方、5時間保育を基本とする幼稚園への助成は月額2.57万円まで

「無料ならば」と入園を希望する世帯の増加が予想され、新たな待機を生む可能性もはらんでいる

1 2