スペインの画家フランシスコ・デ・ゴヤの絵画です。
カルロス三世、カルロス四世に仕え、宮廷画家として絵画を描く。
後に難病となり聴力を失いながらも、仕事を続けた。
別名『プリンシペ・ピオの丘での虐殺』
フランス軍によって、マドリードの反乱者達が銃殺された場面を描いています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【世界の叫び】世界のお気に入りの絵画を並べていく

快楽の園、死の勝利、聖マタイの召命、マドリード 1808年5月3日、散歩、日傘をさす女、星月夜、れわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか、オルナンの埋葬、イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢

このまとめを見る