フランス出身のポール・ゴーギャンの絵画です。
株式仲介人として、妻と5人の子供を持ち裕福な家庭を築きながら、突然画家になる決心をした。
わけではなく、彼はずっと画家になりたかった。ただ画家になる自信がなかった。

本人は今までの蓄えと、これからの画家の仕事で、何とか生活をしていけると考えたようだが、結局困窮に陥った。タヒチ、マルキーズ諸島に渡り、貧しい生活の中、病気に悩まされながら、大作を生み出した。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【世界の叫び】世界のお気に入りの絵画を並べていく

快楽の園、死の勝利、聖マタイの召命、マドリード 1808年5月3日、散歩、日傘をさす女、星月夜、れわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか、オルナンの埋葬、イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢

このまとめを見る