ノルウェーの画家エドヴァルド・ムンクの絵画です。
フランスの革命家ジャン=ポール・マラーの死を描いています。
一人の女性シャルロット・コルデーに、暗殺されました。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【人間の歴史を】歴史を描いた絵画を並べていく 一夜の夢として描く

ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠、玉座のナポレオン、シャルル7世の戴冠式でのジャンヌ・ダルク、ソクラテスの死、ホラティウス兄弟の誓い、マラーの死、キオス島の虐殺、民衆を導く自由の女神、ゲルニカ、スラヴ叙事詩

このまとめを見る