1. まとめトップ

Beaujolais nouveauは、ロゼと赤だけ!

ワイン・ボジョレー・ボジョレ・ボージョレ・ボージョレー・ヌヴォー・ヌーヴォー・ヌーヴォ・ヌヴォ・ヌーボー・ヌーボ・フランスワイン・ブルゴーニュ・AOC・赤・ロゼ・白ワイン新酒マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォー・美味しい飲み方・冷やして飲む・解禁日11月の第3木曜日午前0時・ビール麦ワイン・解禁日

更新日: 2019年11月23日

1 お気に入り 566 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ロゼと赤ワインの「ボージョレー・ヌーヴォー」の解禁日時は毎年11月の第3木曜日午前0時。白ワインの新酒「マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォー」

花が好きさん

関連リンク

ボリビアの蒸留酒「シンガニ」「スウェーデンワイン」2019年日本初上陸!

「スウェーデンワイン」2019年日本初上陸!

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

Beaujolais

ボジョレー・ボジョレ・ボージョレ・ボージョレー・・・

Nouveau

ヌヴォー・ヌーヴォー・ヌーヴォ・ヌヴォ・ヌーボー・ヌーボ・・・

2019年11月21日

2019年11月1日

フランス産ワイン「ボージョレ・ヌーボー」の初荷が1日朝、羽田空港に到着した。スーパーなど小売店向けに出荷され、21日午前0時に発売が解禁される。

「今年は味わい豊かなブドウが収穫でき、果物をそのまま食べたようなワインに仕上がった」という。

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

▼Beaujolais nouveau

ボジョレー・ヌーボー(Beaujolais nouveau)は、「ボージョレ・ヌーヴォー」とも言います。これは、フランス語を日本語表記にする際、発音の聞き取りによって生じた差異です。「ボージョレ」を使用する場合もあります。

Beaujolais

ボジョレー(仏: Beaujolais)は、フランス南東部・リヨンの北に位置する土地で、特にワインの産地として知られる。ローヌ県の北、ソーヌ=エ=ロワール県の南となる。

Beaujolaisのカタカナ表記

「ボジョレーなの?ボージョレなの?」
「ボージョレなのかボジョレーなのか」

ボジョレー・ボジョレ・ボージョレ・ボージョレー

https://ja.wikipedia.org/wiki/ボジョレーワイン
Beaujolais の片仮名表記については現在、種々の表記がみられる。
・ボジョレー: 最後の音節に来るアクセントを長音符で表した場合。テレビやコンビニで使われることが多い。
・ボジョレ: 最後の音節に来る規範アクセントを長音符で表さない場合。「ボジョレー」と共に、雑誌やワイン売場の店頭でよく見られる(こちらがフランス語の発音に忠実)。
・ボージョレ/ボージョレー: eau を慣習的に長音の「オー」で転写する場合。仏語では eau は単母音(また、アクセントが来ない限りは短母音)であるが、これが英語に入ると二重母音 /ou/ で発音される(例えば bureau)。このカナ転写は英語的読みに由来する。ソムリエ協会や新聞で使われることが多い。

nouveau

「ヌーヴォ」は、フランス語で「新しい」という意味。

1 2 3 4 5