1. まとめトップ

看護師が妊娠したら辛すぎて笑えない3つの理由

看護師はハードな仕事だということはなんとなく想像がつくとおもいます。しかし!実際看護師として妊娠しながら働いていた私ですが、想像以上にハードでした・・・。その時の体験談も踏まえて、辛かったことを3つまとめました。

更新日: 2019年10月25日

1 お気に入り 1506 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

妊娠とは本来嬉しいできごとですが、看護師という特殊な職業だと、辛いできごとも多くあります。実際に看護師で妊娠期間中働いていた私が辛かったできごとをまとめました!

看護師が妊娠したら辛すぎる理由①夜勤がある

夜勤労働は、看護師の人数配置も減りますよね。そのため、妊娠中の看護師でも、重いものを持ち上げたり、立ちっぱなしになる時間が増える可能性も高まります。

妊娠している看護師による「重いものを持ち上げる」「立ちっぱなし」の動作が、妊娠にどのように影響しているのかが調査されていました。

看護師に夜勤はつきものですが、妊娠しても当然のように夜勤があります。

看護師が妊娠したら辛すぎる理由②仕事内容がハード

トイレ誘導時・食事介助などなど、つわり時期にとっては耐え難い臭気も我慢しながらお仕事。

妊娠によって腰痛の症状がある中の体交・トランス介助

お腹の張りが出てきても、簡単には休めない環境

などなど、挙げたらきりがないくらい、過酷な状況でお仕事をしなければなりません

看護師の仕事は力仕事が多く、時には急変の対応もしなければなりません。妊婦にとってはあまりにもハードな仕事が多いです。

看護師が妊娠したら辛すぎる理由③忙しくて妊婦に配慮してくれない

介護レベルの高いかたの体交やトイレ介助をしていても、「仕事を変わってあげるよ」と声をかけてくれるスタッフはあまり居ませんでした(笑)

仲の良い看護師や助手さんたちはよく声をかけてくれましたが、基本的に忙しい現場だけに、みんな自分の仕事のことで精一杯なんですよね。

全ての病棟でこのようなことが起こっているとは限りませんが、忙しすぎてスタッフにまで気が回らない人が多く、妊婦に配慮してくれる人は少ないです。

妊娠した看護師の声

新婚時代、某クリニックの面接に行ったら子供を産みますか?とか聞かれたし他のクリニックでも子供が出来て誰か預ける人いますか?と聞かれた事あったな なんでも前の看護師が妊娠して辞めたからとか。 軽く子供、産むんならうちでは無理みたいな これじゃ安心して産んで育てられないよね

昨日職場に育休の申請してきたんだけど、とりあえずこの子が2歳半の3月までにした。看護師2年目で妊娠したから、看護師として働いてる期間より、育休の方が長くなる計算。周りの目怖いし、復帰できても周りより知識技術ないし既に不安でしかない。

@u2qKSkUcSIeBuid @show_ichikawa わたしは看護師をしていて先日、産休に入ったのですが師長に、看護師の四年目でリーダーとか任せられるのになんで妊娠したのかしら?周りが見えてないのね、と言われました。仕事基準で妊娠してられるかよ

看護師は妊娠する前に職場環境をかえるべき?

妊娠しながらの看護師の仕事はとてもハードです。不安な人は妊活をするまえに、慢性期などの病院へ転職するのがいいかもしれませんね。

看護師はハードなので、妊活に対して不安を感じている方も多いのではないでしょうか?

看護師の3~4年目になると新卒だと26~27歳に当たるので、結婚や妊活を意識している方もいらっしゃると思います。

実際に看護師として4年目の27歳の頃妊娠を経験した私の個人的な意見としては…

看護師が妊活するのであれば、働き方を整えてから妊活すべきだと考えています。

1