1. まとめトップ

【2019年最新版】ブッフォン、エデルソン、レイナ...「縁の下の力持ち」控えGKが豪華すぎる!!

控えGKがいることによって、正GKが怪我しても、チームの調子が落ちず、むしろ控えGKの方が活躍するということや、(アドリアンの例)ムードメーカーや若き選手の精神的支柱となったり、(ホセ・マヌエル・レイナの例、ブッフォンの例)いい効果が非常にあります。みなさんも、控えGKに注目してみてくださいね!!

更新日: 2019年10月29日

2 お気に入り 3235 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

SoccerMJNEWSさん

ジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス)

正GK:ヴォイチェフ・シュチェスニー

17年間に渡りユベントスで活躍してきたが、2017-18シーズンにPSGへと移籍するものの、契約更新せず、控えとしてプレーすることを承諾しユベントスへと戻ってきた。1年間プレーし、引退後にユベントスのフロント入りする予定。

マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン(ドイツ代表)

正GK:マヌエル・ノイアー

GK大国ドイツだけに、ファーストチョイスを巡る争いは非常に激しい。バイエルンのGK、ノイアーとの争いは、ピッチだけではなく、「舌戦」も激しい。
「控えなのは気が狂いそうだ」と発言したのはテア・シュテーゲン。しかし、レーブ監督は「私のNO.1だ」とノイアーを使い続ける。この先どうなるのだろうか。

エデルソン・モラエス(ブラジル代表)

正GK:アリソン・ベッカー

エデルソンは、昨季プレミア優勝したマンチェスター・シティに所属している。
かたや正GK、アリソンベッカーは昨季プレミア準優勝したリバプール所属だ。これは、優勝争いの代理戦争のような形になっている。タレント大国ブラジルらしい例だ。

ホセ・マヌエル・レイナ(ACミラン)

正GK:ジャンルイジ・ドンナンルマ

バルセロナやリバプール、ナポリなど名クラブで活躍し、ミランに加入した。正GKのドンナンルマはまだ20歳。若手を支える頼れる兄貴分といった役割が期待される。また、ムードメーカーの一面もあり、ロッカールームでの働きも充分だ。

アドリアン(リバプール)

正GK:アリソン・ベッカー

ウエストハムを退団し、アンデルレヒトに移籍した元控えGKミニョレの代役として、控えの立場で加入するものの、開幕戦で正GKアリソンが負傷し、急遽出番が回ってきた。その後、約10試合で好調な姿を見せ、株が急上昇した。現在は正GKアリソンが復帰したため、控えに戻った。

ダビド・オスピナ(ナポリ)

正GK:アレックス・メレト

アーセナルでは、ペトル・チェフの控えとして4年間プレーしたが、18-19シーズンにレンタルに出され、そのまま完全移籍となった。
コロンビア代表では正GKというものの、クラブでは控えに終わっている。しかし、アーセナルでもカップ戦で活躍を見せるなど実力は充分。
アーセン・ヴェンゲル監督やホセ・ペケルマン監督にも信頼され、中には「最強の第2GK」との呼び声もある。

スヴェン・ウルライヒ(バイエルン)

正GK:マヌエル・ノイアー

ノイアーに衰えが見え、ケガも増えているが、バイエルンは安泰だ。なぜなら、この男がいるから。安定感のあるプレーでバイエルンのゴールマウスを守り、「最も安全な第2GK」とも呼ばれる。このような活躍から、2019年6月にドイツ代表へと初招集された。

セルヒオ・ロメロ(マンユナイテッド)

正GK:ダビド・デ・ヘア

2014年ワールドカップで活躍し移籍。デ・ヘアの壁を破れずにいるが、自身が負傷し、出場できなかった2018年ワールドカップで、チームが不調に陥るなど、存在感抜群。控えの状態だが、「もしデ・ヘアが移籍してもロメロを正GKにする」というほど、信頼も厚い。

ネト(バルセロナ)

正GK:マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン

バレンシアでプレーしていたが、オランダ代表イェスパー・シレッセンとのトレードでバルセロナへと加入。
身長は193cmとバルセロナで二番目の長身。ちなみに父親も現役時代キーパーだった。

アルフォンス・アレオラ(レアル・マドリード)

正GK:ティボー・クルトワ

PSGで正GKを努めるも、平凡なプレーに終わり、控えに降格しするなど、不安定なプレーが目立っていた。
しかし、レアルマドリードのケイロル・ナバスとのトレードで、1年間のレンタル移籍で加入した。
加入以降、SNSで炎上してしまった。

1 2