1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ファンが作った”ジャイアントプーさん” 羽生結弦の反応は…

ショートプログラム(SP)で首位発進した #羽生結弦 (はにゅう ゆづる)選手。2019−2020シーズンのフィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズでまだ未勝利のスケート・カナダで好演した羽生くんへの「プーさんシャワー」に何やら巨大な影が…

更新日: 2019年10月26日

7 お気に入り 89136 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ビッグプーさんに海外メディアも騒然!

nyokikeさん

▼フィギュアスケートGPスケート・カナダで羽生結弦選手がSPで首位発進

19-20フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケート・カナダ(Skate Canada International 2019)は25日、男子シングル・ショートプログラム(SP)が行われ、羽生結弦(Yuzuru Hanyu)は109.60点で首位に立った。

SPの曲は昨シーズンと同じ「秋によせて」。羽生は冒頭の4回転サルコウをきれいに着氷すると、続く3回転(トリプル)アクセルも完ぺきに決める。

4回転トゥループ―3回転トゥループのコンビネーションはやや着氷をこらえた形になったが加点が付いた。その後は美しい演技を披露し、フィニッシュでは会場から拍手と歓声が沸き上がった。

・2位に大差をつけたものの、気を引き締める羽生結弦選手

羽生はこれまで見事な戦績を残しているものの、スケート・カナダでは3度の準優勝が最高成績で、これまでタイトルを手にしたことがない。

自身が持つ世界最高点110・53に0・93点差に迫る結果に「完璧に幸せだったとは言えないが、今日できるベストは尽くせた」と涼しい顔で言った。

2位に20点以上差をつけ、初のスケートカナダ優勝が目前に迫ったが「点数は試合によってばらつきがある。しっかり明日につなげたい」と引き締めた。

▼恒例になった”くまのプーさんシャワー” 何やら巨大な影がネットで話題に

この時を待っていた。ほぼノーミスの演技で滑り終えると、羽生の視界が一気に黄色く染まる。大歓声とともに降り注いだのは、くまのプーさん。10個や20個の単位じゃない。100個か200個か、なかには抱えるのが大変なほど大きなプーさんも……。

羽生くん、めっちゃ可愛かったんだけど、背後で巨大なプーが投入されようとしていたww pic.twitter.com/tIJyunJ6zV

@noix_Plume17 このあとどうなったのーーーー‼️ 気になりすぎて、いろいろ探してる

▼この”ジャイアントプーさん”はファンが手作りで作ったモノだそうです

This bear will make it onto the ice after Yuzuru Hanyu skates tonight. Not technically a Winnie the Pooh, but fan bought online and Pooh-ified the stuffed toy. Also made sure to get a seat as close to ice as possible. Throwing this thing would be... impossible #SCI19 #GPFigure pic.twitter.com/Ol6H2IC786

【機械翻訳】
羽生結弦が今夜スケートをした後、このクマは氷の上に着くでしょう。厳密にはくまのプーさんではありませんが、ファンはオンラインで購入し、ぬいぐるみをプーさんに仕立てました。また、できる限り氷に近い席を確保するようにしてください。このことを投げることは...不可能です

・投げ込まれたジャイアントプーさんはフラワーガールが回収

・その後、羽生結弦選手と無事ご対面したようです

1 2