1. まとめトップ

女子スケートも4回転に突入。15歳トルソワ選手が凄すぎる

女子も4回転ジャンプが成功…これからフィギュアの歴史が変わるかも知れません。アレクサンドラ・トルソワ選手に注目ですね

更新日: 2019年10月27日

1 お気に入り 3268 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pinkswan999さん

▼フィギュアスケート・スケートカナダ

6ヵ国を転戦するGPシリーズの成績上位6名のみがGPファイナルに進出し、世界一の座を争う。

◎男子の羽生弓弦選手は貫禄の優勝でした

男子シングル・ショートプログラム(SP)が行われ、羽生結弦は109.60点で首位に立った。

男子はショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(24)=ANA=が、フリーでも1位となる212・99点をマークし、合計322・59点で制した。

やったー!  やったねー 羽生結弦 ぶっちぎりでスケートカナダ初V フィギュアスケート(GP)第2戦スケートカナダ 男子は(SP)首位の羽生結弦がフリーでも1位となる212・99点をマークし合計322・59点で制し 2位に入ったナム・グエン(カナダ)に およそ60点の大差をつけ  大会初優勝を飾ったよー pic.twitter.com/ymNSPeKGUK

▼女子の優勝はなんと15歳、アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)選手

SP3位のアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)がフリーで1位に。241.02点で優勝した。

▼しかも世界最高得点を記録!

自身が9月のネペラメモリアル(スロバキア)で記録したフリーの世界最高得点163・78点をを2・84点、合計の世界最高得点238・69点を2・33点更新した

▼注目は4回転ジャンプ、3本を着氷した…

今シーズンは“4回転ジャンプ”を跳ぶロシア勢が、いよいよシニアデビューを果たす。

4回転ルッツ、4回転トーループ―3回転トーループの連続ジャンプに成功して2点以上の出来栄え点(GOE)を獲得すると、後半に組み込んだ4回転トーループ―オイラー―3回転サルコーの3連続ジャンプ

フィギュア女子トルソワ選手4回転3本決めたってまじか 女子だよね?

・2位の紀平梨花より22・70点高い!

女子フリーではショートプログラム(SP)首位の紀平梨花が2位となり、合計230.33点で2位だった。

1 2