1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

親孝行したいときに親はなし

タイトルは親孝行について有名なことわざです。子どものころや若いころには親に世話をしてもらうのが当たり前と思い親孝行したい気持ちが起きなかったりしますよね。

そこから結婚して、子どもができて、親の気持ちがわかってくると親孝行したくなるのですが、その頃には親は亡くなってしまい後悔するという意味が込められています。

父の日・母の日で感謝の気持ちを伝える

両親の趣味にとことん付き合う

休日に両親が好きな趣味にとことん付き合ってあげるのも立派な親孝行の一つです。

趣味で親孝行をするというのは元SMAPの中居正広さんも取り入れていた方法であり、お父さんの趣味でもあったゴルフに付き合ってあげようかなという気持ちからゴルフを始めたといいます。

自分の趣味と両親の趣味が同じであれば、会話も充実したものになりますし最高の1日を過ごすことが可能です。

親が一人ぼっちなら一緒に住む

実家に自分以外の兄弟姉妹が住んでない場合は、親と同居することも立派な親孝行になるでしょう。

二人の親が健在なら大丈夫だろうけど、どちらかが亡くなった場合は寂しく感じるはずですからね。仮に親が一人で暮らすと病気の心配もあるから、その心配を減らすために同居した方が絶対に良い。

それに他の兄弟姉妹も誰か親を見てくれた方が、自分たちの負担も減るので同居に反対はしません。実際に自分も母と同居してますが、姉に感謝されているのでお金がない人はこの親孝行がベストかも。

結婚する

結婚だけが幸せではありませんが、親御さんは、あなたに家族ができて幸せに暮らすことを何よりも願っています。

簡単なことではありませんが、もし、「一番の親孝行」とも言われている結婚ができれば、親御さんを強く安心させることができるでしょう。

孫の顔を見せる

孫の顔を見せることが一番の親孝行だ。と言っている方もいらっしゃるぐらい有名な事ですよね。親は孫が可愛くて仕方がないのです。

なぜなら、自分の子供の小さい頃に似ているからです。親からすると孫は、不慣れで子育てに夢中になっていた当時の貴重な瞬間を思い出すキッカケのようなものです。

あなたの顔に似てたり、子供の頃にそっくりな顔を見ると親は幸せになるのです。

社会人初めての給料で何かを買ってあげる

1 2